クラフト珈琲専門店「CRAFT COFFEE & GELATO KUNZUDO」が京都・東山にOPEN!


クラフト珈琲 薫豆堂(くんずどう)の旗艦店である「CRAFT COFFEE & GELATO KUNZUDO」が、10月3日(日)、京都市東山区の「女坂」にニューオープンする。

5種類の「オリジナルフレーバー珈琲」


「CRAFT COFFEE & GELATO KUNZUDO」では、気ままに旅をするように“珈琲をもっと自由に楽しんでもらいたい”という想いから、「旅する珈琲」をキャッチコピーに、珈琲を調理するように国内外の副原料で風味を加えた独自の「オリジナルフレーバー珈琲」ドリップパック1個216円(税込)〜/カップ1杯540円(税込)〜を販売。


京都府南山城村産ほうじ茶熟成、徳島県木頭産ゆずフレーバー、和歌山県産ぶどう山椒熟成、静岡県浜松産ホーリーバジルアロマ、オーストラリア産白檀フレーバーの5種を味わうことができる。

国内外の焙煎所から厳選した珈琲


他にも、珈琲マーケットが活発な福岡において日本の珈琲シーンをリードする「COFFEE COUNTY」が特別に誂えた、オリジナルブレンド「KUNZUDOスペシャルブレンド珈琲 by COFFEE COUNTY at FUKUOKA」カップ1杯650円(税込)が販売されるほか、


日本初登場となる、スウェーデンの気鋭のロースター「morgon・モルゴン」からは、2018年にブラジルカップオブエクセレンスを受賞した「リカルド・タバレス-ブラジル、チャパダ・デ・ミナス」カップ1杯650円(税込)がラインアップする。

オリジナルジェラートも登場


さらに、10月中旬からは、珈琲の美味しさはそのままに、「KUNZUDO」のフレーバー珈琲を使ったオリジナルジェラートも販売予定。

「ほうじ茶熟成珈琲ジェラート」「ホーリーバジルアロマ珈琲ジェラート」「山椒熟成珈琲ジェラート」などが登場する。価格は1カップ520円(税込)〜。

テイクアウト主体で営業


同店は、近年の新型コロナウイルス感染拡大を鑑みて、店内では一部スタンド形式で飲食可能であるものの、テイクアウト主体で営業。

換気機能付きエアコンの設置に、アルコール消毒、マスク着用の徹底はもちろん、支払いも完全キャッシュレスでクレジットカード、交通系ICカード、QRコード決済のみとし、できるだけ非接触を心がけている。

■CRAFT COFFEE & GELATO KUNZUDO
住所:京都市東山区妙法院前側町491-1-2

画像をもっと見る

  • 9/27 18:47
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます