深田恭子、復帰後初の公の場 笑顔で「すごくドキドキしています」

 女優の深田恭子と観月ありさが27日、都内で開催された映画『劇場版 ルパンの娘』完成披露舞台あいさつに出席。今年5月に適応障害のために休養していた深田だが、この日が復帰後初の公の場となった。

 本作は、代々泥棒一家である “Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いたドラマ『ルパンの娘』の映画版。この日は瀬戸、渡部篤郎、小沢真珠、栗原類、どんぐり、大貫勇輔、麿赤兒、そしてメガホンをとった武内英樹監督も出席していた。

 主演の深田は「今日初めて皆さんに見ていただくということで、すごくドキドキしています。やはり作品というのは、皆さまにお届けしてからが、やっと完成という形なので。今日は試写という形ですが、楽しい時間を過ごしていっていただけたらと思います。ありがとうございます」と喜びのコメント。

 女優として、他の作品を挟むことなく華を演じていることに話が及ぶと、決め台詞の「悔い改めな」に触れ「なかなか発したことのない台詞だったので、すごく、言えるかな?って心配だったんですけど、泥棒スーツに身を包むと、なんとか言えることができました」と笑顔を見せた。

 一方、劇場版で初参戦した観月は、Lの一族における「最大の秘密」を握る三雲玲を演じ「ずっとテレビで見ていた泥棒スーツを、実際に自分が着るとは思わず。着れた時はすごくうれしかったです」とニッコリ。

 観月は衣装について「すごくピチピチなので、ロケとかに行くと、ちょっと恥ずかしいですよね」と話すと、深田もこれに頷き、「人目に触れないように。どこからどう見ても、おかしいじゃないですか」と明かした。

映画『劇場版 ルパンの娘』は、10月15日より全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/27 20:48
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます