【ネタバレあり】『NEW GAME!』最終巻のラストが時代の最先端を突っ走ってた話

拡大画像を見る

今日も一日がんばるぞい! 主人公・涼風青葉のセリフがネットで流行したマンガ『NEW GAME!』の最終巻13巻が本日2021年9月27日発売となった。あとがきと作者ペット近影の言葉によると、1話目のネームを書いたのは9年前、連載は8年とのこと。もう「がんばるぞい」から8年も経つんだな

当時のネットやアニメの盛り上がりが昨日のことのように思い出せるが、13巻を読んでみると時代の最先端を突っ走る形で終わっていたためお伝えしたい。なお、記事の内容にネタバレを含むためご注意を。

・帯を見て衝動買い

青葉が女性のみのゲーム会社・イーグルジャンプに就職するところから始まる『NEW GAME!』。私(中澤)がハマったのは2016年に放送されたアニメ1期だった。なぜなら、当時ちょうど私はロケットニュース24に入って間もない頃。あれから何度「がんばるぞい」と思ったことか。青葉も頑張ってるから自分も頑張ろう……と。

そんなアニメ派の私だが、13巻の帯を見たら衝動買いしてしまった。帯にはこう書かれていたのである。「明日も一日がんばるぞい!」と。

青葉は今も、そして明日も頑張っていくんだなあ……。そう思うと、感極まって帯だけで泣きそうになった。この帯からは一歩一歩進んでいく青葉らしさがあふれ出している。

・8年の歳月を感じた点

読んでみたところ、中身は私が知っている『NEW GAME!』のままだった。シリアスで重い始まりなのは、最終巻という感じがするが、そんな山場でも感じられる軽やかさがめっちゃ『NEW GAME!』である。

1つ8年の歳月を感じた点は、イーグルジャンプが泊まり込みでの作業がNGになっていること。初期は、上司の八神コウが「会社に住んでる」と言われるくらい泊まり込みしていたはず。リアルに8年の時代の変化を感じずにはいられなかった。

・グッと来た点

個人的にグッと来たのは、青葉が抽選会で温泉旅行券を当てて、初期に同じブースだった4人で旅行に行く話。はじめ、ひふみ、ゆんは、キャラが増えた分、出番が減っているが、はじめ推しの私としては最高であった。変わらないものもあるんだなあ

最後にオフィスでのことを思い出すシーンなんてじんわりしすぎて4回くらい見直した。こんなことあったよね……。

・時代の最先端を突っ走るラスト

というわけで、山場もあって『NEW GAME!』の良さも詰まってる、とても良い最終巻だったと思う。だが、衝撃は、そんな本編の後に待っていた。本編の後にはあとがきがあり、その最後に、作者の得能正太郎先生いわく「最終話で箇条書きになるのが嫌で描写を避けた設定」が掲載されている。

その設定とは、最終話の後、どうなっているかがキャラごとに軽く記載されたもの。例えば、はじめの場合、「スマホゲームDDBZのディレクター 大ヒットしてしまいEJの稼ぎ頭になってしまう(以下略)」などが書かれている。まあ、大体は仕事とか出世の話なのだが、八神コウと、親友・遠山りんの部分はこんな文章で始まる。

「法律が変わって結婚した」

──同性婚していた。りんが嫉妬したりするのって、行き過ぎた友情的なヤツのアニメ表現だと思ってたんだけどガチ恋だったのか。

女性しか出てこない『NEW GAME!』。最後に、ファンの夢を壊さず、かつ時代の最先端を突っ走った超解決を見せてくれたのだった。アニメでもぜひ最後までやってもらいたい。3期早くー!

参考リンク:Amazon「NEW GAME!13」
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

関連リンク

  • 9/27 18:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます