女優のん「本当に幸せ」な瞬間 炊き立てご飯に夢中になり過ぎちゃって

拡大画像を見る

女優・のんさんが「素」でご飯を食べまくる様子に、周りもびっくり、ニッコリ――。2021年9月27日に行われた、JA全農いわての「2021『いわて純情米』新CM発表イベント」でごはんの実食レポートを行ったときの様子だ。

この前に司会から「のんさん、(ご飯を)食べられますよ」と言われ、「うれしいです」と声を弾ませていた。

「もうちょっと、もうちょっと」

CMでは、「いわて純情米」のおいしさを伝えられるよう、「一度でいいから食べてみて」をキャッチフレーズに、のんさんと子役の新津ちせさんがコミカルな歌と振り付けで登場する。撮影について「温かい現場で、集中して撮っていたので期待を感じました。でも、純情米を食べるカットの時に、本当においしくて幸せで撮影していました」と朗らかに語った。

いよいよ実食。炊き立てのご飯が運ばれてくると、

「わあ」
「おお~」
「わぁー」

と興奮(?)が止まらない様子で、茶わんにこんもりと盛った。集まった報道陣にアピールする時まで「もうちょっと、もうちょっと」と再びご飯を寄そう姿に、会場からは笑いが。

白米のみでも、箸が止まらないようで「ご飯の1粒、1粒がしっかりしていて、大きく、甘みがあって、すごくおいしいです」とコメントした。

卵かけご飯が好きなのんさんのために、卵としょうゆが登場。その場でのんさんが作り、一口ほおばると「んっ! おいしい! おいしいです」と満面の笑み。するとJAいわて全農の小野寺敬作会長が、「地元の食材を使った岩手牛のステーキもいいと思いますよ」と話し、岩手牛ステーキが登場した。豪華なおかずに喜んでいたのんさんだったが、目の前の卵かけご飯が下げられると、「あああああ...」と声を上げて、運ばれていくご飯を名残惜しそうな目で見つつ、向かってくるステーキの膳と交互に見ていた。

「いつまでも食べたかった」

小野寺会長がキャンペーンの紹介をしている間も、のんさんはご飯の手が止まらない。あまりにおいしそうに食べ続ける姿に、司会からは、「かなり召し上がりましたね。ご飯がすすむってこういうことなのかなって思いました」、「のちほど、ゆっくり召し上がっていただくということで、下げさせていただいてもいいでしょうか」と進言された。

イベント終盤、「まだまだお話を聞いていたいですし、のんさんの食べている姿は、いつまでもみていられるなと感じるんですけども...」と司会が話すと、間髪を入れずに、

「いつまでも食べたかったんですけども」

のんさんは、素直にこう返答していた。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 9/27 20:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます