【福岡】アート初心者も楽しめる!バンクシー展はマルチメディアな体験空間

拡大画像を見る

先日、かねてから気になっていたバンクシーの展覧会にいってきました。
 
バンクシーは聞いたことあるくらいで気軽に立ち寄りましたが、いざ見てみたらどの作品も考えさせられるものばかりで…没頭しながらしっかり最後まで鑑賞。
 
写真撮影OKなので、特に素敵な作品は記念に残しつつ、時間があっという間に過ぎた楽しい展示でした。
 
アート初心者ですが、今回はその一部をご紹介できたらと思います。
 

音声ガイドで初心者でも大丈夫


LANDIC presents BANKSY GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)
こちらの展示では、70点以上のバンクシーの作品を紹介。
 
会場内には音声ガイドがあるので、スマホで解説を聞きながら観覧できます。
 
説明書きがある作品もありますが、内容が簡潔だったり、人だかりで見づらいことも…
音声ガイドなら、少し離れた場所でもゆっくり聞くことができました。
 
作品の中には、意図しているものが分からなかったり、作品にまつわる経緯やエピソードを知ることもできたので、初心者にはとってもありがたかったです!
 
ただしイヤホン装着が必須なので、持参することをおすすめします。
 
そのほかにも座って映像で楽しめるものや、実際のアートを再現した展示もありました。
つかれたときには一休みしながら鑑賞できるのも良いですね。
 

福岡展より2作品が初公開!


福岡展より日本初公開の2作品を展示中とのことです。
1つ目は『スロウアー』
バンクシーの代表作「ラブ・イズ・イン・ジ・エア」の貴重な三部作版です。
2つ目は『メットボール』
警察のヘルメットから作られたミラーボールで、ユニークな立体オブジェクト作品。
(写真を撮り忘れてしまったので、是非会場で探してみてください。)
 

会場内にはフォトスポットも


会場内は写真撮影OK!
作品もさることながら、会場内の雰囲気もとても素敵でした。
 
中にはフォトスポットも。
 
こちらは監視カメラモニターのようで、正面に立つと下段中央に自分が映り込みます。
バンクシー作品の一部になれたようで、嬉しいです。
 
また有名なこちらの作品も、フォトスポットとして展示されていました。
 
作品をガイドをみながら鑑賞しつつ、気に入った作品は写真撮影…
こんな感じで楽しんでいたら、あっという間に時間が過ぎていきました。
入場料金以上の価値と満足感。
10月いっぱいの開催なので気になる方は是非足を運んでみてはいかがでしょう?
 
ちなみに…バンクシー本人には無許可の展覧会だそうです。
 

バンクシー展 天才か反逆者か


 
LANDIC presents BANKSY GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)
https://banksyexhibition.jp/
 
開催日:2021年7月2日(金)~2021年10月31日(日)※会期中無休
時間:午前10時~午後8時(最終入館は午後7時30分)
会場:UNITEDLAB (ユナイテッドラボ)
福岡市中央区大名1-3-36
https://unitedlab.live/
 

窓口での当日券販売も行っていますが、インターネットで日時指定チケットを購入するのがおすすめです。
※空きがあれば当日その場でネット購入も可能です。
 
■大人料金
平日 1,800円(窓口販売2,200円)
平日アフター5 1,500円(窓口販売1,500円)
土日祝 2,000円(窓口販売2,400円)
 

関連リンク

  • 9/27 19:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます