深田恭子 休養から復帰後初の公の場で笑み絶やさず「すごくドキドキしています」

拡大画像を見る

 女優・深田恭子(38)が27日、都内で主演映画「劇場版 ルパンの娘」(10月15日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。5月26日に適応障害による休養を発表。8月末にカレンダー撮影で仕事復帰したことを今月2日に発表してから初めての公の場となった。

 泥棒をなりわいとする『Lの一族』ファミリーの活躍を描いた人気ドラマシリーズの映画版。深田は白のワンピース姿で登場すると、客席の大きな拍手に笑みを浮かべながら会場を見渡し、観客に手を振った。

 冒頭に「今日初めてみなさんに見ていただくということで、すごくドキドキしています」とあいさつ。現場の雰囲気を問われると「本当に居心地のいい現場で、本当の家族のような気持ちになってくる。だからこそパート1、2、劇場版も作れたと思います」と穏やかに話した。

 共演の渡部篤郎(53)や観月ありさ(44)とは、ピッタリとしたシルエットの“泥棒スーツ”の衣装の話題で掛け合いする場面も。最後は「パート1、パート2、劇場版とこうして発表できるのもみなさんのおかげ。ぜひたくさんの方にごらんいただければ」とPRし、笑みを絶やさずに20分超の舞台あいさつをこなした。

 他に瀬戸康史(33)、小沢真珠(44)、栗原類(26)、どんぐり(61)、大貫勇輔(33)、麿赤兒(78)、武内英樹監督(54)も出席した。

関連リンク

  • 9/27 19:07
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます