基本料0円からスマホが使えるオールトッピングのpovo、9月29日9時スタート

拡大画像を見る

 KDDI、沖縄セルラーは、eSIM対応のauのオンライン専用ブランド「povo2.0」の提供を2021年9月29日から開始する。同時にコンビニや飲食店など、対象店舗の利用で、povo用チャージギフト(通信容量)がもらえる「#ギガ活」を順次始める。
 

 #ギガ活は、以前からKDDIが掲げる「通信とライフデザインの融合」を目指すプログラム。対象の店舗・サービスで、povoに紐づいたau IDでログインしたスマートフォン(スマホ)決済サービス「au PAY」を利用すると、指定のデータ容量がもらえる。さらに、対象店舗への来店やイベント参加で、ギガが当たる・もらえるキャンペーンを実施する。
 KDDI Digital LifeとCircles.Lifeとの協業で提供してきた従来のpovoをアップデートしたpovo2.0は、送受信最大128kbpsのベースプランなら月額基本料0円で利用でき、「データトッピング データ使い放題 24時間330円」「データトッピング データ追加1GB(7日間) 390円」「データトッピング データ追加3GB(30日間) 990円」「通話トッピング 通話かけ放題 月額1650円」といったトッピング(データ容量・オプション)を追加する自由度の高い料金体系。ギガ活に熱心に取り組むと、ギガ活対象店舗でのau PAYの支払いだけで毎月消費するデータ容量の大半を獲得できる可能性もある。
 povo2.0の新トッピングとしてスマホの故障・破損・水濡れ時などに、最短で当日中、原則申込完了の翌日に新しい端末に交換するサポートトッピング「スマホ故障サポート」を追加、9月29日から提供を開始する。端末交換対応(年に2回まで)は購入の翌月以降、製品情報の登録完了後から。月額利用料は830円(自動更新・povo解約と同時に自動終了)で、別途、端末に応じた金額負担が必要。
 povo 2.0の提供開始に伴い、povo 1.0は9月29日9時で新規申込受付を終了する。自宅周辺にギガ活対象店舗が1店舗もない、または30日単位より月単位で払いたいなど、条件によってはpovo 1.0のほうが合う場合もあるので、povoに乗り換え予定なら、今のうちに新旧のサービス内容を比較しておこう。(BCN・嵯峨野 芙美)

関連リンク

  • 9/27 19:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます