外出できない入院中の子供に作ったものが? 「夢と愛が詰まってる」「発売してほしいレベル」

拡大画像を見る

入院したことがある人は、外出できないことにさびしさを感じませんでしたか。

特に、子供はストレスが溜まりやすいですよね。

ロボットのエンジニアとして働くおぎ-モトキ(@ogimotoki)さんは、子供がいる1人の親からこのような相談を受けました。

長期入院でベッドから離れられない我が子に、大好きなエレベーターのボタンを押させてあげたい。

おぎ-モトキさんが、自身の経験と知見を活かし、作ったものをご覧ください。

エレベーターの操作パネルそのものですね!

上下どちらの階に向かうかを表示させる矢印や、液晶画面など、忠実に再現しているのが分かります。

エレベーターのパネル自体は親がオークションで入手し、相談を受けた、おぎ-モトキさんの手元に渡ったとのこと。

おぎ-モトキさんは、もらったエレベーターのパネルを改造し、光ったり、行き先階を表示したりする、本物のエレベーターのような機能を追加したのです。

おぎ-モトキさんが作ったエレベーターのパネルに、「子供の『ボタンをたくさん押したい』という夢と愛が詰まった発明品」「普通に発売してほしいレベル」と称賛の声が上がっています。

これさえあれば、どこからでもエレベーターのボタンを押すことを楽しめそうですね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @ogimotoki

関連リンク

  • 9/27 17:44
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます