日テレ小髙茉緒アナ、オードリー若林から「あんた気ぃ強いでしょ」とバッサリ!

 日本テレビの新人女子アナが、芸能界の大先輩であるオードリーに気の強さを見せつけたようだ。

 9月23日深夜放送のアメフト番組「オードリーのNFL倶楽部」(日本テレビ系)では、今シーズンのアシスタントに就任した小髙アナが2回目の出演。番組冒頭でMCのオードリー若林正恭が「先週初めての放送でしたけど、周りの評判はいかがでしたか?」と訊ねると、昨シーズンの担当だった忽滑谷こころアナの名前を挙げ「あとは任せた、とお墨付きをいただきました!」と顔をほころばせていた。

「この『NFL倶楽部』では毎年、日テレの新人女子アナがアシスタントを務めるのが恒例。2010年の水卜麻美アナを皮切りに、滝菜月アナや岩田絵里奈アナなど今では情報番組のMCを務める女子アナが歴代のアシスタントを務めており、いまや『新人女子アナの登竜門』として業界からも注目されています。今季の小髙アナは11年間にわたるバドミントン歴を誇る体育会系で、アメフト部出身のオードリーからいかにも可愛がられそうな存在ですね」(女子アナウォッチャー)

 同番組ではアシスタントの女子アナが自分の応援するチームを決め、そのユニフォームを着用するのが恒例行事。今季はツイッターで視聴者から小髙アナの応援チーム候補を募集し、3000を超える投票が集まったと聞くと彼女は目を見開いて「ありがとうございまーす!」と顔をほころばせていた。


 番組の後半に発表された投票結果ではカンザスシティ・チーフスが1位に。ここ2年連続でスーパーボウルに出場している強豪チームで、エースQBのパトリック・マホームズがイケメン選手として人気だ。これですんなり決まるかと思いきや、小髙アナからは「投票の結果が、ですね?」と意味深な言葉が飛び出たのである。

「小髙アナが『いや…ちょっとここは我が道を…』と口ごもると、若林は『えっ、何? どこのチーム狙ってんの?』と驚きの表情に。すると小髙アナはカメラ目線になって『えっと…ジェッツ!』と高らかに宣言しました。しかしニューヨーク・ジェッツは今期開幕3連敗で、最弱チームの一つ。番組視聴者の選んだチームを拒否する姿勢に若林も『それ蹴って我が道でジェッツ。小髙アナ、2週やったけど、あんた気ぃ強いでしょ!?』と驚きを隠せない様子でした」(女子アナウォッチャー)

 そんな小髙アナは、オードリー春日俊彰がかつて弱小チームだったクリーブランド・ブラウンズを応援し続け、今では優勝を狙えるチームに躍進したことに言及。「春日さんが先週おっしゃったように、弱いチームが上がっていくっていう楽しさもあるっていう」との理由を説明していた。このように過去の放送内容やオードリーの発言をしっかりと勉強しているあたり、未来の人気アナに躍進する片りんを垣間見せているのかもしれない。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/27 18:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます