実は本気だった? 日ハム・杉谷に石橋貴明が熱烈オファー

拡大画像を見る

 とんねるず・石橋貴明の母校、帝京高校の後輩で『スポーツ王』(テレビ朝日系)のリアル野球盤企画で毎年共演している北海道日本ハムの杉谷拳士。今シーズンはプロ入り後ワーストの成績でシーズンの大半を2軍暮らし。ペナントレース終盤の9月になっても1軍からは声がかからず、「戦力外通告もありうるのでは?」とクビも囁かれている。

 9月20日に放送された石橋のYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』で、「なんかあったら、タカさんが拾うしかないんじゃないですか」と話すプロデューサーで共演者のマッコイ斎藤氏に対し、「意外とそうしたら現役時代よりも稼げるかもね」「鎌ケ谷さん(※杉谷のこと)、ウチが契約書作りましょう」とまんざらでもないといった様子でコメントしている。

 これについて「貴さんはアライバルという芸能プロダクションの社長を長年務めています。相方の木梨憲武は独立してしまいましたが、今年離婚した元妻で女優の鈴木保奈美、競馬中継でおなじみのフリーアナウンサーの杉本清が現在も所属。杉谷選手の件は半分リップサービスだとしても面倒見のいい貴さんのことです。自社の所属タレントにする可能性は大いにある」と話すのは芸能ライター。

 それに杉谷拳士は、トークスキルと笑いセンスがテレビ業界で高く評価。代打や守備固め、代走といった控えクラスの選手ながら毎年シーズンオフに多くのテレビ番組に出演している。中田翔が巨人に移籍した今、チームで最も人気のある選手といっても過言ではない。

「巨人の宮本、元木の両コーチもトーク力、笑いのセンスもあって引退後は長らくタレントとして活動していましたが、杉谷選手も彼らやそれ以上に活躍できる可能性はある。番組を見る限りは貴さんだけでなくマッコイ氏も一目置いているような口ぶりでしたし、彼がプロデューサーを務めてYouTubeチャンネルを開設することもありそうです」(同)

 今オフに戦力外となるかは現時点では不透明。まだ30歳なので現役として活躍してほしいところだが、引退後の進路に困ることはなさそうだ。

関連リンク

  • 9/27 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます