母はエリザベス女王杯の勝ち馬、リトルポピーがC.ルメール騎手でデビュー/関東馬メイクデビュー情報

拡大画像を見る

 秋の中山開催も最終週。スプリンターズSの当日には昨年と同様、芝1800mのメイクデビューが組まれている。その昨年はタイトルホルダーが鮮やかに逃げ切った。

 今年も血統馬がデビューを予定しており、どの馬が勝ち上がるのか注目だ。

【10月2日(土) 中山芝1600m(牝馬)】

◆アンテロープ(牝、父ロードカナロア、母マーブルカテドラル、美浦・栗田徹厩舎)

 ダイワメジャー産駒の母はアルテミスSの勝ち馬。祖母のヘルスウォールはチューリップ賞の勝ち馬。1歳上の半兄グランオフィシエは現2勝。伯父にアサクサダンディ(ニュージーランドT3着、スプリングS4着)がいる。先週の追い切りはウッドチップコースで5F67.4-1F11.8をマーク。余力のある手応えで軽快な動きを見せている。「まだ緩いけど、いい背中をしている。血統的にも素質を感じさせます」と栗田徹調教師。鞍上は三浦皇成騎手を予定している。

◆リトルポピー(牝、父クロフネ、母リトルアマポーラ、美浦・奥村武厩舎)

 アグネスタキオン産駒の母はエリザベス女王杯の勝ち馬。半兄にエジステンツァ(平地4勝、障害1勝)、いとこにラブフール(クイーンS2着)がいる。ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込み、8月下旬に再入厩。前週のデビューも視野に入れていたが、皮膚病の治療でスライドした。「まだ気性的に若いけど、だいぶ冷静に走れるようになってきた。切れるというより、スピードの持続力がありそう」と奥村武調教師。鞍上はC.ルメール騎手を予定している。

【10月3日(日) 中山芝1800m】

◆ウィズグレイス(牝、父ディープインパクト、母カラライナ、美浦・国枝栄厩舎)

 母はエイコーンS、CCAオークスなど米G1を3勝している。ゲート試験に合格後は山元トレーニングセンターで乗り込み、8月末に再入厩。じっくりとウッドチップコースで追い切りの本数を重ねてきた。先週は5F65.2-1F11.7をマーク。古馬を相手に楽な手応えで動けており、血統馬らしい素質を感じさせる。「順調に乗れているし、だいぶ馬がしっかりしてきた。素直だし、ディープ産駒の牝馬で切れそうな感じがする。いいところがありそう」と国枝栄調教師。鞍上はC.ルメール騎手を予定している。

◆バンブリッジ(牝、父モーリス、母バンゴール、美浦・尾関知人厩舎)

 キングカメハメハ産駒の母は5勝。この馬が初仔になる。母系はお馴染みのバラ一族だ。ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込み、9月初旬に再入厩。先週の追い切りはウッドチップコースで5F68.4-1F11.8をマークし、3頭併せで先着した。「初仔だけど、よくカイバを食べるし、しっかりとした体つき。そこは父に似た感じがする。走りの柔軟さは母譲り。気性的にもコントロールが利くし、乗りやすそうなタイプです」と尾関知人調教師。鞍上は大野拓弥騎手を予定している。

(取材・文:竹之内元)

関連リンク

  • 9/27 18:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます