NHK紅白歌合戦2021、和久田麻由子アナvs桑子真帆アナ「MC一騎打ち」の軍配は?

拡大画像を見る

 今年も残すところ3か月少々。年の瀬が近づくにつれ、テレビの年末特番の仕込みが始まり、芸能界は慌ただしくなってくる。

 中でも最大の注目は、今年で72回目を迎える『NHK紅白歌合戦』。はたして今回は、どのような構成になるのだろうか。

「コロナ禍での開催となるため、NHKは大きな仕掛けはできないはず。紅組の司会は、
11月からの朝ドラ『カムカムエヴリバディ』でヒロインの一人を演じる上白石萌音(23)が有力。白組の司会は、昨年と同じく大泉洋(48)、総合司会には内村光良(57)と、局アナに落ち着きそうです」(スポーツ紙芸能担当記者)

 MCの座は2人の局アナが争っているという。

「和久田麻由子アナ(32)と桑子真帆(34)アナの一騎打ちの様相です。どちらも、内村と総合司会を務めた経験もありますからね」(NHK関係者)

 和久田アナは、東京大学卒の才媛で、一昨年に結婚したNHKが誇る絶対エース。対する桑子アナは、2017年にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚するも1年後に離婚。写真誌で学生時代の三股交際が暴露されたが、今年9月1日に俳優の小澤征悦とセレブ再婚した“お騒がせアナ”だ。

「和久田は、東京五輪の開会式の中継を完璧にこなしていました。一方の桑子は、新体操女子チームを“マーメイドジャパン”と紹介するなど、ミスが目立ちました」(前同)

 実績から、和久田アナで決まりに思えるが……。

「ただ、桑子にはミスを許せてしまう愛嬌があり、局幹部にもファンが多い。“結婚祝い”に司会抜擢という声もありますね」(同)

 現在発売中の『週刊大衆』10月11日号では、出場歌手も大予想している。

関連リンク

  • 9/27 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます