春風亭ぴっかり☆が「蝶花楼桃花」に改名 来年3月真打ち昇進 師匠は小朝

拡大画像を見る

 落語家・春風亭ぴっかり☆(40)が27日、都内で取材会を開き、来年3月の真打ち昇進とともに蝶花楼桃花(ちょうかろう・ももか)に改名することを発表した。

 師匠の春風亭小朝が改名を提案して命名。独立するという意味も込めて亭号も変え、姓名判断ですべて大吉となる名前を調べてくれたという。小朝の本名・花岡姓の「花」の字も入り「師匠の名前をいただけて、すごい大好きな名前になってます」とニッコリ。前座名はぽっぽ、現在のぴっかり☆も平仮名とあって「漢字は初めてなので、ずしんとした重みも感じながら精進していけたら」と決意を新たにした。

 古典も新作も芝居もこなす小朝のマルチな活動があこがれ。自身も舞台や短編映画への出演、ラジオ番組のレギュラーを務め、「大人AKBオーディション」では最終選考に進むなどしているだけに「師匠の背中を追いながら、いろんなことができる噺(はなし)家になりたい。もちろん落語を軸に考えて」と抱負を述べた。

関連リンク

  • 9/27 17:36
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます