清原果耶を「朝ドラヒロインキラー」坂口健太郎がロックオン!? 撮影現場で仲睦まじく

 清原果耶と坂口健太郎の“リアル”な関係にも注目が集まりそうだ。

 宮城県気仙沼市で生まれたヒロイン・百音が、気象予報士として成長する姿を描いた連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)が盛り上がっている。

「9月20日に放送された第91回では、坂口演じる菅波が『一緒にいたい。この先の未来、一分一秒でも長く』と、清原演じる百音にプロポーズ。ネット上では『あんなプロポーズされたかった』『最高です』などと祝福の声があふれる一方、放送日が祝日だったことで『あさイチ』が放送されず“朝ドラ受け”がなかったことも話題となっていました」(テレビ誌ライター)

 朝ドラファンが盛り上がるなか、9月22日発売の『週刊文春』が撮影現場の舞台裏を報じている。

「坂口は以前に『あさが来た』で波瑠と、『とと姉ちゃん』で高畑充希と、共演したヒロインとその後、交際に発展しています。こうした恋愛遍歴から、業界内で坂口は、“朝ドラヒロインキラー”とも呼ばれているのだとか。『おかえりモネ』の現場でも、朝ドラヒロインの重圧にさいなまれている清原が、坂口がいる時だけは上機嫌になるそう。また、坂口は、清原が演技に悩んでいる時にはいつも助言をくれるため、彼女も絶大な信頼を寄せているとのこと。坂口はゴールイン寸前と目されていた高畑と破局した後は、まだ浮いた話はありません。“二度あることは三度ある”ではないですが、これまでのパターンから清原とも熱愛に発展していく可能性もありそうです」(前出・テレビ誌ライター)

 芸能界では元カノ同士の共演NGはよくあることだが、仮に坂口と交際となれば、今後は高畑、波瑠との絡みは難しくなりそう。

「坂口は2017年に行われた『エランドール賞』で、当時交際中だった高畑、そして元カノの波瑠と共に新人賞を受賞しています。その時はおそらく主催者側の配慮だったのでしょうが、坂口と波瑠の間にディーン・フジオカが収まり、坂口を挟んだ3ショットを撮られないように配置されていましたが、坂口は居心地悪かったでしょうね。このとき、高畑と波瑠のほうはまったく目を合わせようとしなかったのが印象的でした。今年のドラマは清原が『おかえりモネ』、高畑が『にじいろカルテ』(テレビ朝日系)、波瑠が『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)でいずれも高視聴率を獲得。また、清原は佐藤健が主演を務める話題の映画『護られなかった者たちへ』に出演。高畑は、主演映画『浜の朝日の嘘つきどもと』が公開されています。もしテレビや映画の授賞式で顔を合わすような時があれば、その時の様子はしっかりチェックしておきたいですね」(スポーツ紙カメラマン)

 坂口が「朝ドラヒロインキラー」の称号をまたひとつ得ることになるのか、芸能マスコミのマークも厳しくなりそうだ。

  • 9/27 13:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます