スーパーで商品の陳列に興味を示す自閉症の少年 すると気付いた店員が?

拡大画像を見る

オーストラリアのビクトリア州で暮らすデイブ・ギャンブルさんは、息子のティムくんと一緒にスーパーマーケット『コールズ』に買い物に行きました。

親子がお菓子売り場を通りかかると、ちょうど店員の男性がビスケットを陳列していたといいます。

ビスケットが大好物のティムくんは、その店員さんに近付いて、仕事の様子を興味しんしんで見物。

すると、そんなティムくんの視線に気付いた店員のシェーンさんは手を止めて、商品をティムくんに見せながら、「陳列をやってみたいかい?」と聞きました。

ティムくんは自閉症をもっていて、言葉でのコミュニケーションがうまくできません。しかし、シェーンさんは彼が手伝いたがっているのが分かったのでしょう。

こうして2人は5分ほど、一緒にビスケットを棚に並べました。ティムくんはとても楽しそうだったといいます。

さらにその10分後、デイブさんとティムくんが別の売り場にいたところ、シェーンさんがやってきました。

そしてティムくんに「さっきは手伝ってくれてありがとう。素晴らしい助っ人だったよ」といい、ご褒美にチョコレートを渡したのです。

Hey Coles! Shout out to this amazing team member from this morning at your Cardinia Lakes store! When my non verbal,...

Posted by Dave Gamble on Thursday, September 9, 2021

写真のティムくんの笑顔を見れば、彼がどんなに嬉しかったかは一目りょう然ですね。

シェーンさんの優しさに感激したデイブさんは、「あなたのお店の素晴らしいスタッフに感謝を伝えたい!」とこの出来事を『コールズ』のFacebookに投稿。

コメント欄には「ハートが温かくなった」「なんて思いやりのある店員さんだ」など、シェーンさんへの称賛の声が上がっています。

デイブさんたちが来店した日は、ビクトリア州は新型コロナウイルス対策のロックダウン中で、ティムくんも外に出て人と接する機会が少なかったのだそう。

そんな時だからこそ、シェーンさんとの触れ合いによってティムくんはとても幸せな気持ちになれたようです。

シェーンさんにとってはほんの5分ほどのやりとりでも、ティムくんはきっとこの日のことをずっと忘れないでしょうね。

[文・構成/grape編集部]

出典 Coles

関連リンク

  • 9/27 16:39
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます