運気を上げる部屋とは? 5つのポイントを神木優里がアドバイス

拡大画像を見る

◆住むだけで心が落ち着き開運も!自宅パワースポット化計画

 コロナ禍のステイホーム生活で家に居る時間が増えたが、部屋をちょっと変えるだけで気持ちが安らぎ、運気を上げることもできる。

「部屋に居たくない人は、家の何が不満なのかをノートに書いてみる。まずはそこから始めましょう」

 そう語るのは、風水よりお手軽な「潜在意識の書き換え+色彩心理学」をベースにした部屋の運気アップ術を1万人以上にアドバイスしてきた神木優里氏。なかでも室内の色は重要なんだとか。

「黒は喪服に象徴されるように人の元気を奪う色なので避けたほうがいいです。例えば、テレビは黒いボディですが、観ないときは布を被せるだけでも違ってきます」

◆古いモノは置かない

 また、古いモノも部屋にはなるべく置かないほうがいいという。

「本当に好きならともかく、実家からなんとなく持ってきた家具などは買い替えましょう。理想は自分の好きなモノに囲まれた部屋。つい溜まりがちな服や本も1年以上着ていない、読んでいないモノは処分するなどルールを決めておくのがいいです」

◆お気に入りのスペースで運気アップ

 あと、部屋の一角に自分のお気に入りのスペースをつくるのも運気アップの効果があるそうだ。

「趣味のアイテムなど特に大好きなモノを集め、自分専用のパワースポットにするんです。これなら書斎のない既婚男性でも可能です」

 部屋の模様替えを兼ねて、試してみるのもいいかもしれない。

◆部屋に運気を招く5つのポイント

●POINT 1 観葉植物を置く
植物は住んでいる人にエネルギーを与えてくれるとても大切な存在。小さな鉢植えやサボテンはもちろん、ベランダでの野菜栽培なども◎です

●POINT 2 間接照明は暖色系
寝室のベッドライトなども含めて、部屋の照明にはこだわるべき。特に柔らかな暖色系の間接照明には、心を落ち着かせる効果があります

●POINT 3 色は3色でまとめる
男性なら部屋を茶・緑・青・ベージュ・白から3色でまとめるようにしましょう。癒やしの空間を演出してくれ、リラックス効果が望めます

●POINT 4 風の通り道を妨げない
玄関からベランダや窓への風の通り道は、風水で言うところの「龍脈」。家具など大きなモノを置いて流れを妨げると運気が下がってしまいます

●POINT 5 好きなお香をたく
古くから邪気を払う目的で使われ、時々たくことで悪い運気をリセットしてくれます。ちなみにお香は風の通り道に置くといいでしょう

【コンサルタント神木優里氏】
色彩心理学や哲学などを学び、潜在意識を書き換えるメソッドを開発。著書に『STAY HOME 開運術!あなたの部屋がパワースポットに変わる本』(マーキュリー出版)がある

<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[男の[占い&開運]大全]―


関連リンク

  • 9/27 15:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます