「今甘えられても、面倒なんだけど」と男性に思われてしまう瞬間9パターン

ふいに男性に甘えたくなるときがあるという女性は、多いのではないでしょうか。でも、男性はいつでも優しくあなたを受け入れられるというわけではないようです。そこで今回は10代から30代の独身男性175名に行ったアンケートから、「『今甘えられても、面倒なんだけど』と男性に思われてしまう瞬間」を紹介します。

【1】仕事で疲れて早く寝たいとき
「次の日のためにも、しっかり休みたいのに」(30代男性)のように、疲れている男性に甘えるのは、翌日の仕事に差し支えるので嫌がられるようです。彼がグッタリした様子で帰ってきたときには、何も言わなくても察して、早く寝るように促した方が喜ばれそうです。

【2】電車の中やレストランなど、周囲にたくさん人がいるとき
「人目が気になるから止めてほしい」(20代男性)など、公共の場で甘えられると、周囲の人にイチャついて見られるから恥ずかしいと、多くの男性は考えるようです。甘えたい気持ちをそっと伝えておけば、男性はその慎ましい態度をかわいく思い、あとでちゃんと甘えさせてくれるでしょう。

【3】ゲームやテレビに熱中しているとき
「ゲームしているときに甘えてくる子は、絶対ムリ」(10代男性)と、男性が自分の趣味に熱中しているときは、声をかけるだけでもウザく思われる可能性があります。このようなときは我慢をするほかないのかもしれません。気を引こうとして嫌われないように注意しましょう。

【4】暑くて気持ちが悪いと感じているとき
「暑苦しいことこの上ないから」(20代男性)のように、ただでさえ不快な気分なのに、抱きつかれたりすると、余計耐えられないと男性は思うようです。手をつなぐなどのちょっとしたスキンシップも、避けた方がいいかもしれません。

【5】布団に入りかけているとき
「眠いのに勘弁してほしい」(20代男性)と、もう寝ようとしている男性に甘えても、うっとうしがられるだけのようです。このようなときは、また明日とスッパリ諦めて一緒に寝てしまった方が、男性もホッとしてくれるでしょう。

【6】男同士で集まってワイワイ盛り上がっているとき
「友達と一緒のときは、悪いけどこっち優先で」(30代男性)など、友人と楽しく過ごす時間は、たとえ大好きな彼女でも割って入られたくないと考える男性もいるようです。彼氏が仲のいい友達と飲みに行っているときにはメールで我慢をし、邪魔しないようにしましょう。

【7】仕事でミスをして落ち込んでいるとき
「どう挽回するかを考えさせてほしい」(20代男性)と、仕事で落ち込んでいる男性は、自分のことだけで頭がいっぱいになっているため、女性を受け入れる余裕などないようです。むしろ、男性の話を聞いてあげて甘えさせてあげましょう。そうすれば、次はあなたが甘えたとき優しく受け止めてくれるでしょう。

【8】風邪を引いて体調が悪いとき
「人のことを考えない子だなぁと思う」(30代男性)のように、相手の具合を考えず甘えたがる女性は、自分のことしか頭にないわがままな子だと思われるようです。男性の具合が悪そうな時は、彼の体調を第一に考えるようにするのが肝心です。お世話をすることに没頭すれば、甘えたい気持ちも忘れることができるかもしれません。

【9】資格試験などの前で必死に勉強しなくてはいけないとき
「それって今じゃなきゃダメなの!?」(20代男性)と、男性が勉強に励んでいるときは、イラ立たせるだけのようです。勉強を手伝うことはできませんが、彼の気持ちに寄り添い、せめて邪魔をしないように気を使うくらいの配慮は必要です。

男性に甘えたくなっても、時と場合を考える必要があるようです。それができないと、嫌われてしまう可能性もあります。男性の状況にうまく応じた甘え上手になりたいものです。(佐藤来未/Office Ti+) 【調査概要】 期間:2013年6月20日(木)から6月27日(木)まで 対象:合計175名(10代、20代、30代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/27 16:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます