「ウイイレ」がタイトルを一新「eFootball 2022」 多彩なデバイスに対応

拡大画像を見る

コナミデジタルエンタテインメントは、サッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズ最新作「eFootball 2022」の配信を2021年9月30日に開始する。

基本プレイ無料

今作からブランド名を「eFootball」に改め、サッカーゲームエンジンを新開発。初登場となるPlayStation(PS) 5版を含む全ての対応デバイスで"基本プレイ無料"(アイテム課金制)で遊べるなど、ゲームプレイや遊び方を一新したという。

アニメーションシステムを刷新。ピッチ上での選手の膨大な動きを一連のアニメーションとしてデータ化し、適切な瞬間をリアルタイムに選び出す「モーションマッチング」技術を導入。従来の4倍超というアニメーションによるリアルな動きと高いレスポンスを実現した。

ボールの蹴り出しやスピードをアナログ操作でコントロール可能になり、ドリブルの緩急による駆け引きを楽しめる。またボールを受ける際に、より自由に動けるようになり、間合いとタイミングによる駆け引きが生まれる。

相手のパスやシュートを読みブロックする操作を追加。また現実のサッカーで重要とされる"体を使ったディフェンス"を再現。ドリブル中に体を張ってボールをキープする操作による白熱した球際の攻防も楽しめる。

これら新操作と進化したチーム戦術、AI(人工知能)との組み合わせにより多彩なシーンを再現可能だ。

対応デバイスはPS5/4、Xbox Series X/S、Xbox One、パソコン(Windows 10/Steam)、モバイル(Android 5.0~/iOS 10.0~)。将来的には対応デバイス同士でのオンライン対戦(クロスプラットフォーム対戦)の実装を予定するほか、コンテンツやモードも随時追加されるなど、配信後も楽しみ方が進化していくとのことだ。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 9/27 16:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます