アッレグリ監督、サンプドリア戦で連勝飾るも「もっと早く試合を終わらせるべきだった」

拡大画像を見る

 ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、リーグ戦について語った。26日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 同日にセリエA第6節サンプドリア戦を迎えたユヴェントスは、3-2で勝利を収めた。これでユヴェントスは、今シーズンのリーグ戦で初の連勝。29日に迎えるチャンピオンズリーグ(CL)チェルシー戦へ弾みをつけるかたちとなったが、サンプドリア戦を終えたアッレグリ監督は以下のように語っている。

「チームとしてはよく守っていたが、コーナーキックからのミスで2-1となり、さらに失点して3-2となった。もっと早く試合を終わらせるべきだったね。ただ、ホームでの初勝利と2連勝を達成できたことを喜び、これからチェルシー戦に向けて準備する」

 また、サンプドリア戦で負傷交代したFWパウロ・ディバラとFWアルバロ・モラタの状態については「彼らはチェルシー戦やトリノ戦(セリエA第7節)には出場しない。これは確かなことで、ナショナルマッチウィーク明けに彼らが戻ってくることを期待するしかないだろう。ただ、それはゲームの一部であり、我々は前進し続けなければならないんだ」と明かした。

関連リンク

  • 9/27 15:18
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます