障害のある作家が描くアート作品を起用、全量米麹×ホップのクラフト醸造酒を発売!


障害のある作家が描く“異彩”のアートをモノ・コト・バショに落としこみ、社会に新しい価値と文化を生みだすことに取り組んでいるヘラルボニーが、福島で新しい酒づくりを追求するhaccobaとコラボレーションしたクラフト醸造酒を、9月26日より限定で販売を開始した。

100%米麹で仕込み厚みのある味わいに!

発売したのは、三重県・松阪市にある「希望の園」に在籍する作家、岡部志士氏のアートをデザインに起用したオリジナル醸造酒「全麹IPA -Yay!Yay! Hazy!!-」¥4,500(税込)。

ホップの特徴を強く引き出す「India Pale Ale(IPA)」は、クラフトビール人気を不動のものにしたビアスタイル。「全麹IPA -Yay!Yay! Hazy!!-」は、ホップの香りをIPAのように表現し、日本酒の魅力と融け合わせたらどうなるだろう、という発想から生まれた酒だ。

同商品の特徴は、「全麹仕込み」と「ダブルドライホップ」であること。一般的な日本酒では米麹20%・蒸米80%で仕込むところを今回は「全量米麹」で仕込んでいるため、甘みや酸味、うまみをお米から存分に引き出し、ホップの特徴に負けない厚みのある味わいに仕上がっている。また、厚みのあるお酒にホップの香りを強く絡ませるため、haccobaとして初めて、2度にわたって多量のホップを投入する「ダブルドライホップ」という技法も採用した。

作家・岡部氏のアート手ぬぐい付き


「全麹IPA -Yay!Yay! Hazy!!-」にはアート手ぬぐいが付属。作家・岡部氏が酒づくりに使われている麹などの材料を見る、触る、食べる、感じるなどの実際の体験からインスピレーションを受け、今回のコラボレーション商品のためにオリジナルで制作した作品「Scratch Works Yay!Yay! Fukushima.」だ。

購入はhaccobaの実店舗またはhaccobaのECサイトにて。東北の新たなものづくりへの挑戦を、目と舌と心で堪能してみたい。

■haccoba
住所:福島県南相馬市小高区田町2丁目50-6

画像をもっと見る

  • 9/27 15:22
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます