「山鹿灯籠」が受け継がれる熊本県山鹿市を舞台にした謎解きイベント開催


熊本県山鹿市は、謎解きイベント「謎解きは温泉のまえに やまが堂主人が残した手紙」を11月1日(月)〜2022年1月31日(月)に開催。また、WEBで参加できる「伝説の灯籠師 じいちゃんからの挑戦状」を9月25日(土)から開催している。

謎に挑んで正解するとプレゼントが当たる

「謎解きは温泉のまえに やまが堂主人が残した手紙」は、伝説の灯籠師と呼ばれた祖父が残した「山鹿灯籠に隠された謎」がテーマ。


灯籠師見習いの小路(しゅうじ)と、


灯籠娘の灯子(とうこ)と一緒に、謎が書かれたパンフレットを手に山鹿市内を回って、小路を一人前の灯籠師に成長させるべく「謎」に挑むというもの。

キャラクターデザインとwebマンガは、熊本を舞台に県内をMT車でドライブする漫画「今日どこさん行くと?」などで知られる熊本県出身の漫画家・鹿子木灯氏の書き下ろし。キャラクターボイスは、小路役が「ONE PIECE」ゾロ役でお馴染みの中井和哉氏、灯子役が「犬夜叉」珊瑚役をはじめ男女ともに人気の桑島法子氏となっている。


参加費は無料。全問正解者の中から抽選で、小路・灯子・二人の飼い猫もなかverの金灯籠、声優サイン色紙、山鹿の特産品セットなどをプレゼントする。なお、開催は年末年始を除く。

WEBで参加できる問題も!


同イベント特設ページでは、『webで楽しもう!「伝説の灯籠師 じいちゃんからの挑戦状」』も開催。9月25日(土)〜10月31日(日)の第1弾は、山鹿市内にまつわる問題が出題される。全問正解者には抽選で宿泊割引券5,000円分や山鹿の特産品セットなどの豪華賞品をプレゼント。第2弾は11月1日(月)〜2022年1月31日(月)に開催予定。

特設ページでは、そのほか、ムービーやマンガも公開中なので、チェックしてみよう。

西日本一の生産量を誇る栗の産地

また、西日本一の栗の生産量を誇る山鹿市のおいしい栗を味わえるイベントも開催中。


「くまもと山鹿和栗スイーツフェア」は11月30日(火)まで、


「西日本一の栗まつりウィーク」は10月3日(日)まで、


「2021 vol.10 鹿北いも・くり自慢街道」は10月21日(木)まで開催されている。


同エリアには、まろやかな泉質とのどかな自然が自慢のやまが温泉郷もあるので、興味のある人は訪ねてみよう。

※新型コロナウイルス感染症拡大などの状況によっては、イベントが中止になる場合もある。

画像をもっと見る

  • 9/27 15:22
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます