【スプリンターズS見どころ】レシステンシア、春の雪辱なるか

拡大画像を見る

 レシステンシアに注目したい。高松宮記念・2着のリベンジを果たしてGI・2勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■10/3(日) スプリンターズS(3歳上・GI・中山芝1200m)

 レシステンシア(牝4、栗東・松下武士厩舎)は19年の阪神JFなどこれまで重賞を4勝。春の高松宮記念はクビ差で2着に敗れたが、初の1200mだったことを踏まえれば上々の走りだった。今回は前哨戦のセントウルSを勝って順調に来ており、春のリベンジの期待は十分だ。鞍上は同レース3連覇がかかるC.ルメール騎手。

 ダノンスマッシュ(牡6、栗東・安田隆行厩舎)は昨年冬までGIで悔しい結果が続いていたが、12月に香港スプリントを制すと3月には高松宮記念も勝利してGIを連勝。今回は5か月半ぶりの休み明けとなるが、調教の動きは抜群で特に不安はなさそう。春秋スプリントGI制覇を期待したい。鞍上は川田将雅騎手。

 ピクシーナイト(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)は今年のシンザン記念覇者。その後は勝ち星から離れているものの、前走のセントウルSで大外枠からレシステンシアにクビ差まで詰め寄るなど高いスピード能力を見せてきた。初の古馬GIで胸を借りる立場でもチャンスはありそうだ。鞍上は福永祐一騎手。

 その他、3走前に同舞台の春雷Sを完勝しているジャンダルム(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)、昨年の高松宮記念覇者モズスーパーフレア(牝6、栗東・音無秀孝厩舎)、セントウルSで3着のクリノガウディー(牡5、栗東・藤沢則雄厩舎)、重賞3勝馬メイケイエール(牝3、栗東・武英智厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

関連リンク

  • 9/27 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます