【シリウスS見どころ】3歳馬ゴッドセレクションが重賞初制覇を目指す

拡大画像を見る

 混戦模様のハンデ戦だが、ゴッドセレクションに注目したい。古馬との初対決を制して重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■10/2(土) シリウスS(3歳上・GIII・中京ダ1900m)

 ゴッドセレクション(牡3、栗東・今野貞一厩舎)は1勝クラス、伏竜Sで連勝を飾ると、重賞の兵庫チャンピオンシップとジャパンダートダービーでも2着と崩れずに活躍。ここが古馬との初対決となるが、惜敗続きを終わらせて鞍上の中井裕二騎手と人馬共に重賞初制覇なるか。

 アナザートゥルース(セ7、美浦・高木登厩舎)は昨年のダイオライト記念など重賞2勝。7歳になった今年も東海Sで2着、ダイオライト記念で3着と活躍している。前走のアンタレスSは熱中症だった疑いがあり、シンガリ負けの結果は参考外で良さそう。立て直されてきたここで改めて期待したい。鞍上は松山弘平騎手。

 その他、19年のレパードS勝ち馬ハヤヤッコ(牡5、美浦・国枝栄厩舎)、長期休養明け2戦目となる実績馬ケイティブレイブ(牡8、美浦・清水英克厩舎)、昨年のアンタレスS勝ち馬ウェスタールンド(セ9、栗東・佐々木晶三厩舎)、前走のBSN賞を快勝したブルベアイリーデ(牡5、栗東・杉山晴紀厩舎)、重賞で2戦連続4着のダノンスプレンダー(牡5、栗東・安田隆行厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

関連リンク

  • 9/27 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます