コロナ禍で人気の「楽天西友ネットスーパー」にスマホ向けアプリ登場

拡大画像を見る

 楽天グループと西友は、協働で運営する「楽天西友ネットスーパー」向けの専用スマートフォンアプリの提供を本格的に開始した。

 アプリはスマートフォンに最適な視認性や操作性を追求。ホーム画面から左右にスワイプすることで「野菜・果物・肉・魚」や「惣菜・チルド・冷凍食品」「日用品」などのカテゴリーごとに設けた商品ページにスムーズに遷移できる。また、トップ画面に日時指定ボタンを設けたほか、タブを切り替えることで購入履歴やお気に入り商品、キャンペーンなどの買い物に必要な情報へ簡単にアクセスすることが可能。より短時間で効率的にネットスーパーサービスを利用できるようにした。対応OSはiOS版がiOS 12以上、Android版がAndroid OS 6.0以上。
 楽天西友ネットスーパーは、2021年9月時点で生鮮食品・加工食品・冷凍食品・惣菜・日用消耗品など最大2万アイテムを取り扱っている。配送料は330円で注文商品の合計額が一定額以上になると無料になる。入会費・年会費はともに無料。注文の受付は24時間で年中無休(システムメンテナンス時を除く)。注文した日から3日後までの午前10時から午後10時までの6時間帯(10~12時、12~14時、14~16時、16~18時、18~20時、20~22時)で指定配送ができる。一部エリアを除き、午後3時までの注文で当日配送が可能。注文から最短4時間での配送もできる。
 新しい生活様式の浸透により、ネットスーパーの需要は急速に拡大。楽天西友ネットスーパーは2021年1~3月の売り上げが前年同期比29.9%増、4~6月の売り上げは同28.4%増と継続的に伸長している。

関連リンク

  • 9/27 14:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます