チェルシーからオファーも…ハキミ、今夏のPSG移籍に「僕の選択は間違っていなかった」

拡大画像を見る

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所蔵するモロッコ代表DFアクラフ・ハキミが、今夏の移籍について語った。24日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 昨シーズン、インテルの一員としてセリエAの優勝に貢献したハキミだが、今シーズンからはPSGでプレーし、すでに公式戦10試合出場3得点を記録。今回の取材では、そのインテル時代のアントニオ・コンテ監督について「ビデオを見たり個人的にトレーニングをしたりして、1年を通してコンテとはたくさんのことに取り組んだ。戦術的な面でも多くのことを教えてくれたし、今やディフェンスで良いプレーができればアシストと同じぐらいの満足感が得られるよ」と語った。

 また、今夏はPSGだけでなくチェルシーからもオファーが届いていたとされるが、ハキミは「2つのオファーを受けた時、僕はパリに来るべきだと感じた。ここで幸せになれると思ったんだ。PSGは素晴らしいクラブであり、ここのどれほどの人が僕を愛し必要としているかを感じた。そして僕がここに来てから、いくつかの素晴らしい契約が結ばれたんだ。僕の選択は間違っていなかったと確信している」と語った。

 そして、自身と同じく今夏PSGに加入したFWリオネル・メッシについては「他の人と同じように、僕もメッシがバルセロナを離れるとは思っていなかった。彼がここに来ると聞いた時は、何と言っていいか、僕にとっては夢のような話だった。優れた選手と一緒に成長できることを誇りに思うよ。彼は、チームとここにいる全ての選手をより良くしてくれるだろう」と、その興奮と期待を示している。

関連リンク

  • 9/27 14:11
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます