おやつが欲しい犬 だんだんと悪い顔になっていく過程に腹筋崩壊

拡大画像を見る

ペットと一緒に暮らしていると、動物も表情が豊かなことに気付かされます。

シーズー犬の歩音(あると)くんもまた、実に表情豊か。

普段は愛らしい表情や行動で、飼い主である、もっぷちゃん(@pinkcandyplanet)さんを癒していますが、ひとたびスイッチが入ると、なんともわる~い顔になってしまうといいます…!

おやつをもらえず、犬が無言の抗議

食いしん坊な歩音くんにとって、おやつタイムは至福のひと時。

しかし、飼い主さんは、歩音くんにおやつを与え忘れてしまった日がありました。

すると、歩音くんは飼い主さんに無言の圧力をかけてきたのです…。

さらに歩音くんの抗議は続き、最終的にはこの表情!

もしも『悪い顔選手権』が開催されたら、間違いなく上位にランクインするであろう、歩音くんの表情。

こんな顔をされてしまったら「ごめん…」と謝りたくなってしまいます。

写真は反響を呼び、怖い表情とは裏腹に、多くの人を夢中にさせている様子。「笑った」「かわいい!」とさまざまなコメントが寄せられています。

・素晴らしい悪人顔です。でも、どんなに悪ぶってもかわいい!

・迫力はんぱない…!

・確かに悪い顔なんだけど、いつまでも見ていたいかわいさ。

飼い主さんいわく、歩音くんはたまに険しい顔を浮かべて自分の思いを伝えてくることがあるのだそう。

エサを与えすぎは健康にもよくないため、飼い主さんが「もう終わり」といっても、歩音くんは納得できず、悲しい声を出したり、テーブルの下に潜って、今回のようにじっと見つめてきたりするといいます。

どんな表情をされても、「かわいい」と思ってしまうのは、飼い主の性なのでしょうね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @pinkcandyplanet

関連リンク

  • 9/27 13:38
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます