アーセナルOBが冨安健洋を絶賛「ポジショニングが素晴らしかった」

拡大画像を見る

 かつてアーセナルでプレーした元イングランド代表DFトニー・アダムス氏が、イギリスメディア『スカイスポーツ』で日本代表DF冨安健洋のパフォーマンスを絶賛した。

 今夏ボローニャからアーセナルに加入した冨安は、26日に行われたプレミアリーグ第6節のトッテナム戦にフル出場し、3-1での勝利に貢献した。イギリスメディア『Squawka』によると、冨安は同試合でチーム最多となるボールタッチ数67回、リカバリー数8回を記録。また、プレミアリーグ出場3試合で未だに一度もドリブル突破を許していないというスタッツを紹介している。

 アーセナル一筋でプレーし、同クラブのレジェンドとして知られているアダムス氏は試合後、“ノース・ロンドン・ダービー”で活躍した若手選手たちを称賛。好パフォーマンスを披露した冨安にも賛辞を送っている。

「これは素晴らしい、素晴らしい前半だった。若い選手たちは驚異的だった。(ブカヨ・)サカも、上下に走り回ったエミール・スミス・ロウも素晴らしく、彼らが試合を支配した。トミー(冨安)も大好きだ。今日はポジショニングが素晴らしかった」

「彼らはピッチ全体で素晴らしかった。前半で試合は終わったと思う。形も良かったし、2人の中盤も良くて、全ての空中戦で勝利することができた。ベン・ホワイトも今日は素晴らしかった。最初の15分から20分で印象付けることに成功した。私は興奮している。何年もの間、サカとスミス・ロウを自由にするために、力強く守れるフルバックが必要だと私は言ってきた。彼らがそのようにできたことをとても嬉しく思っている」

関連リンク

  • 9/27 13:19
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます