セブン‐イレブン、コンビニ初の「抗原・PCR検査」サービスの取り扱い開始

拡大画像を見る

 セブン‐イレブン・ジャパンは9月29日から、国内コンビニで初となるプリペイドカード型抗原検査・PCR検査サービスの取り扱いを、沖縄県を除く全国のセブン‐イレブン店舗で開始する。

●各検査キットが自宅に届く仕組み


 プリペイドカードは、新型コロナウイルス感染症の抗原検査キットやPCR検査キットを自宅などに届けるサービスの「Med Quick 抗原検査カード」と「PCR now PCR検査カード」の2種類。店舗でプリペイドカードを購入した後、専用サイトで住所などの必要事項を入力すると各検査キットが自宅に郵送される仕組みだ。
 抗原検査キットは鼻の粘膜を採取後に約15分で検査結果がわかる。PCR検査キットは唾液を採取後、同封のレターパックで検体を返送することで、クリニックに到着後、最短2時間で検査結果が判明する。
 Med Quick 抗原検査カードの特徴は、厚生労働省に承認された抗原検査キットを使用し、検査結果が陽性の場合、医師のオンライン診察が受けられ、速やかに保健所へ連携される点にある。
 PCR now PCR検査カードは、ウイルス遺伝子の複数箇所を同時に解析することでウイルスの変異株にも対応する。
 急な出張や避けることのできない帰省などで、抗原検査やPCR検査を受けたいという需要に対応する。価格はMed Quick 抗原検査カードが3900円(送料無料)、PCR now PCR検査カードが8470円(往復送料込み)。

関連リンク

  • 9/27 12:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます