「池袋暴走事故」90歳元官僚・飯塚幸三被告に禁錮5年判決…働き盛りドライバーも明日は我が身!「運転機能低下」簡単テスト

拡大画像を見る

 東京・池袋で乗用車が暴走し、母子2人を含む、11人の重軽傷者を出した事故の裁判で、9月2日、加害者の旧通産省の元官僚、飯塚幸三被告(90)に、禁錮5年の実刑判決が下された。

「被告は終始、車の故障による無罪を主張しましたが、裁判ではアクセルとブレーキの踏み間違いによる過失と認定。遺族から事故後の生活について聞かれた際、“持病のリハビリがつらい”など的外れな回答をし、認知症を指摘する声もあります」(全国紙社会部記者)

 中高年の心身医学に詳しい『よこはま土田メディカルクリニック』院長の土田隆氏は、次のように語る。

「50~60代は認知症による事故こそ少ないですが、集中力や反射神経、視力などが若い頃より、かなり低下しています。そのことを、しっかり認識すべきです」

 そこで今回、運転能力をチェックする簡単なテストを作成。まずは下の項目のチェックをしてから、本文を読み進めていただきたい。

■あなたは大丈夫?「運転機能低下」簡単テスト7

(1)駐車時、時間がかかったり、まっすぐ入れられないことがある。

(2)悪天候時や夜間に、運転がしづらいと感じることがある。

(3)歩行者や道路標識を見落とすことがある。

(4)信号や踏切の停止線で、急停止することがある。

(5)曲がる際に、ウインカーを出し忘れることがある。

(6)とっさのときに、アクセルとブレーキを踏み間違えることがある。

(7)同乗者から、車間距離やスピードを注意されることがある。

■自分の運転能力を把握して事故を防ぐ

(1)駐車時、時間がかかったり、まっすぐ入れられなかったりすることがある。

「これは車と駐車スペースの位置関係が認識できていないということ。車を動かすときの微調整もできないため、注意が必要です」(土田氏=以下同)

 駐車し慣れた自宅で車をこするようになったら危険なサイン、赤信号だ。

 次に(2)雨天などの悪天候時や夜間に、運転がしづらいと感じるなら黄信号だ。視界が悪くて道路が見えづらかったり、晴れた日に、まぶしくて目がくらんだりする場合、病気の可能性も。

「典型的な白内障の症状です。白内障は、高齢者の病気と思われていますが、40~50代から進行します。眼科医院で診てもらったほうがいいでしょう」

(3)歩行者や道路標識の見落としは、注意力の低下や、視野の狭窄などが原因で起こる。横道から出てきた人に気づかず、ヒヤッとしたことが頻繁にある人は、特に留意してほしい。

(4)信号や踏切の停止線で急停止するのは、ペダルを踏む足の加減がうまくできてないから。急発進や急停止が多くなったら要注意だ。

 また、(5)ウインカーの出し忘れは、集中力や記憶力の低下が疑われる黄信号。

 そして、(6)アクセルとブレーキの踏み違え。

「これは、自身の体型の変化や自分以外の車を運転することで勝手が変わり、それが原因のこともありますが、これもなくて頻繁にやる場合は赤信号です」

(7)同乗者に車間距離の短かさやスピードの出し過ぎを注意されることがある。

「スピードの出し過ぎは速度に関する感度が鈍くなっている証拠。毎日運転している人は、自分の運転能力が低下していることを気づきにくいんですね。運転後に“ヒヤッとしたこと”を書き出すなどすれば、自分の運転能力が、いかに落ちてるか、分かるはずです」

 自分の運転能力を把握し、事故を防いでほしい。

関連リンク

  • 9/27 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • ソフィア

    9/29 9:33

    ハンドル回したら自動でウインカー点滅するとか駐車場の写真取れば自動で閉まってくれるとかイロイロ作るしかないのか。よけいボケ老人が運転続ける原因になるけど

  • 脱走兵

    9/29 6:45

    法律云々は別にして、傘さしながらチャリの運転できるほどの反射神経が無くなった。若い頃と違って。イヤホンしながらももう無理。やってるお爺やオバハン見るけど、怖くないのかな?

  • トリトン

    9/28 21:14

    名古屋だけだとは思わないが、ここ数年ウインカー出して曲がる人いませんね。流行なのかな?まあ車線斜め横切りと赤信号無視して突っ込ンで来るのは定番ですが。ましてや年寄りはもっと酷いかもね。

記事の無断転載を禁じます