木村拓哉「フジ映画『マスカレード・ナイト』宣伝をTBSで大展開」にとどまらず!「マクドナルド露骨ゴリ押し」にマツコもドン引き!!

拡大画像を見る

 9月26日放送の明石家さんま(66)とマツコ・デラックス(48)の番組『週刊さんまとマツコ』(TBS系)に木村拓哉(48)が出演した。

 木村は、9月17日に主演映画『マスカレード・ナイト』が公開され、初日から9月20日までの4日間で累計動員67万8000人、興収9億4000万円を記録。同月23日には大ヒット御礼舞台挨拶が行なわれ、今年公開の邦画実写作品では最速となる公開7日目での観客動員100万人突破となっている。

「木村さんは、今回の『週刊さんまとマツコ』でも『マスカレード・ナイト』の宣伝を行ないました。『マスカレード・ナイト』はフジテレビが製作に関わる映画ですから、宣伝に協力するとフジテレビが潤うことになります。

 そのため、本来は他局での宣伝活動は不可能なはずなのですが、9月2日、9日、16日と3週続けて『ニンゲン観察バラエティモニタリング』、映画で共演した長澤まさみさん(34)と2人で9月16日、23日に『櫻井・有吉THE夜会』、9月18日にも『王様のブランチ』に登場。さらに今回の『週刊さんまとマツコ』と、TBS系の番組でも『マスカレード・ナイト』の宣伝活動を大展開しています」(ワイドショー関係者)

■『マスカレード・ナイト』だけじゃない! さんま・マツコの前で「マクドナルドぶっこみ」!!

 9月26日放送の『週刊さんまとマツコ』では、『マスカレード・ナイト』以外にも木村に絡む企業について言及するシーンが放送された。

「番組序盤で、さんまとマツコの食べ物に関する仕事の話から、木村がマクドナルドのCMでやっている、ハンバーガーを中指と薬指の間に挟んで残りの指で支える“キムタク持ち”と呼ばれる独特な持ち方の話題になり、マツコが“今日ハンバーガーないから、私で持ってみてよ”と話を振ります。これに対して、木村は“なんでそんな、超ビッグマックじゃん”とマックネタで応酬し、マツコは“みんなが喜ぶことをちゃんと言うよね”と反応していました。

 さらに番組後半でも、さんまが持参したTシャツが古着屋の店主に査定してもらったところ0円との結果が出てしまったというトークで、木村は結果が見てすぐに、“それ(0円は)マックのスマイルだけじゃねえの?”とコメントしたんです。これにはマツコも、“ちょっと! そういうやり口もしてんの?”とツッコミを入れていましたね。序盤のトークに乗じた“マクドナルド被せ”に、さすがのマツコも引いた感じだったのではないでしょうか」(女性誌記者)

 木村は、9月2日放送の『モニタリング』でも、ブラックマヨネーズ・小杉竜一(48)とロケ中にマクドナルドのドライブスルーを利用し、木村がダブルチーズバーガーにチキンマックナゲットのマスタードソースを少し乗せる独自の食べ方を解説するというシーンがあった。

「他局でライバル局の映画やCMに出演している企業の話を堂々できるのは、やはり木村がスーパースターで数字を持っているからこそ可能なことでしょう。木村が出てくれれば話題性は抜群で、何より視聴率が見込めますからね。ここまで“宣伝”を押し込めるのは木村しかいないでしょうね」(前同)

 SMAPが解散しても、アラフィフになっても、まだまだキムタクは“最強”のようだ。

関連リンク

  • 9/27 11:13
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます