夏目三久卒業の「バンキシャ!」は14・3% 前週比3・1ポイント増

拡大画像を見る

 26日に日本テレビで放送された「真相報道バンキシャ!」の平均世帯視聴率が14・3%を記録したことが27日、わかった。前週の11・2%から3・1ポイント増となった。個人全体視聴率は8・2%だった。

 4月にタレント・有吉弘行と結婚し、今秋で芸能界を引退すると表明していた総合司会のフリーアナウンサー・夏目三久のラスト出演回だった。夏目は「私にとってバンキシャは古巣に戻って、古巣のみなさんに温かく迎え入れていただいて、本当にあっという間の8年半でした」「私も家で、久しぶりですね、家でゆっくりゴハンの準備でもしながら、番組を見たいと思いますので、また視聴者として楽しみにしております」とあいさつ。笑顔で締めくくった。

 10月3日からは同局の後呂有紗アナが後任を務める。(数字は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)

関連リンク

  • 9/27 10:24
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます