劇団新派の水谷八重子&河合雪之丞 ロバート・キャンベル氏とのスペシャル対談生配信

拡大画像を見る

 劇団新派の水谷八重子(82)、河合雪之丞(50)が、日本文学研究者のロバート・キャンベル氏(64)を迎えてのスペシャル対談を10月4日午後7時から生配信することが決まった。

 劇団新派は10月2日に東京・新橋演舞場で花柳章太郎追悼「十月新派特別公演」が開幕。約1年8か月ぶりの本公演となる。八重子と雪之丞、同公演の「小梅と一重」で共演。歌舞伎や文楽など伝統芸能にも精通したキャンベル氏は、開幕直後の同公演を観劇し、対談で劇団新派への思いを語る。

 八重子は「キャンベルさんは、日本文学を研究されている方ですから、我々日本人が当たり前に過ごしているよりも、日本語や歴史を深くご存知の事と思います。キャンベルさんならではの視点でいろいろなお話を伺えるのが、大変楽しみ」とコメント。キャンベル氏も「新派の美しい言葉は次々と舞台から降り注ぎ、もう行けないような美しい、哀しい世界に私たちを運んでいってくれます。一年以上、心を震わすような日本語をこの耳で聴いていません。10月公演で、耳も目も心もしっとり潤おすこと間違いなしです。この秋の、一番の楽しみ」と心待ちにする。

 雪之丞は「今回の対談をとても楽しみにしております。キャンベルさんは、テレビなどで拝見していますが、お話するのは今回が初めてですので、少し緊張もいたしますが、八重子さんと3人で充実した時間にできたら嬉しいです」と述べている。

 配信場所はイープラス「Streaming+」。チケットは2000円(税込)。

関連リンク

  • 9/27 10:04
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます