「斯」は読めるけど…?!【螽斯】この<生き物>一度は見た事あるはず…!

一般的にはカタカナやひらがなで表記するけれど、漢字で書くと難しい……そんな生き物が、日本には数多く存在します。
「螽斯」も、そのうちのひとつ。

意外と身近な生き物なので、誰もが一度は見たことあるはずですよ!

(1)「螽斯」の読み方


今回は「螽斯」の読み方や、どんな生き物なのかを調べていきます。
「斯(か)くして」という言葉に用いられる「斯」の漢字は読めても、「螽斯」はなんと読むのかわからないという方も多いでしょう。

「冬」「虫」という文字が入っているので、「冬に見かける虫」かと思えば、真夏に見られることが多い生き物です。
とはいえ、「虫」であることは正解!

馴染み深く、よく見かけられる虫で、「アリと螽斯」という童話もあります。
ここまでのヒントで、もうお分かりになった方も多いのでは?

「螽斯」の読み方の正解は、「キリギリス」です。
(『広辞苑』より)

(2)「螽斯」の意味


読み方がわかったところで、改めて「螽斯」とはどんな生き物なのか調べてみましょう。
「螽斯」とはコオロギの昔の呼び名で、バッタ目キリギリス科の昆虫です。

翅や体は褐色がかった緑色をしており、長い触覚が特徴的。
雄の「ちょんぎいす」という鳴き声が転じて、「キリギリス」と呼ばれるようになったと考えられます。

ぎす、ぎっちょ、はたおり、莎(さ)の鶏など、愛称も多く親しまれている虫です。
(『広辞苑』より)

(3)「螽斯」の異なる漢字


「螽斯」が、キリギリスを表していることがわかりました。
しかし実は、キリギリスを意味する漢字は数多く存在します。

キリギリスは、「蟋蟀」「蛩」「蛬」という漢字でも表記可能です。
いずれの漢字も、螽斯の今の呼び名である「コオロギ」と読むこともできます。
(『広辞苑』より)


今回は、「螽斯」の読み方について調べてみました。
ひとつの生物を意味する漢字が、数多く存在するのは驚きです。

古くから愛されている「螽斯」は、鳴き声に風情を感じられるので、ぜひ耳を傾けてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/27 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます