「あさって夕飯いらない」妻が喜ぶ【夫のひと言】ー本音編ー

言った本人にそのつもりはなくとも、相手にとっては嬉しいひと言だった、なんてことがありますよね。
前回の「妻が喜ぶ【夫のひと言】ーあるある編ー」に引き続き、今回は「本音編」と題して巷の女性の意見を大特集!

夫からの意外なひと言に、奥さまは喜びを感じているようですよ。

(1)あさって夕飯いらない



「あさっては飲み会だから夕飯いらないよ」というひと言は、発言する夫側からすると妻が不機嫌になるワードなのでは? と思いますよね。
しかし多くの女性はこのひと言に、内心「ラッキー!」と思っています。

ポイントは「あさって」とあるように、あらかじめ夕飯が不要だと伝えておくこと。
突然言われる「夕飯いらない」は妻ブチギレ案件ですが、遅くとも2日前までに伝えておけば、奥さま的には料理をしなくてすむので楽ちんなのです。

(2)記念日は何がほしい?



あなたは奥さまへのプレゼントを選ぶとき、奥さまへ相談をしますか?
付き合いたてのカップル時代はサプライズや内緒のプレゼントが喜ばれますが、夫婦となってからは「プレゼントは欲しいものをリクエストしたい!」という女性が多いようです。

もちろんサプライズの方がよかった、というパターンもあるため「オレが選ぶか君が選ぶかどっちがいい?」と聞けると100点ですよ。

(3)オレがやっといたよ



夫婦生活では家事や育児など、お互いに協力してこなす作業が増えますよね。
そんな中で夫が発する「オレがやっておいたよ」というひと言は、妻にとって本当にありがたいものなのです。

「やっておいた」という表現に偉そうな印象を受ける方がいるかもしれませんが、妻にとっては「やってくれてありがたい」という気持ちが大きく上回るんだとか。

(4)休みは出かけるね



毎日夫と一緒にいるからこそ、たまには別行動を取りたくなるというのが世の女性の本音のよう。
もちろん、家事や育児の責任を女性に丸投げして出かけるのはNGですが、その問題がクリアできているなら「夫の休日のお出かけ」は大歓迎、という奥さまが多いんだとか。

夫が出かけている間に一人で読書をしたり、自分も自由に行動できる点が嬉しいようです。


夫からの意外なひと言に、喜びを感じている奥さまは少なくないようです。
世の女性の本音を知って、夫婦の関係をいまよりさらに充実させたいですね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/27 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます