“教祖様”アンミカ「心配は“心配り”」「まず拍手」鮮やかポジティブ発言連発も…「旦那の疑惑チラつく」視聴者モヤモヤ

拡大画像を見る

 9月22日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)で、アンミカ(49)が四千頭身の後藤拓実(24)、森三中の黒沢かずこ(42)、フリーの神田愛花アナウンサー(41)たちの悩みに、ポジティブなアドバイスで解決していった。今回は「アンミカ聞いてよ! どんよりポエム発表会」という企画で、ゲストの3人が抱えるモヤモヤした気持ちをポエムにして発表、オードリーとアンミカがそのモヤモヤを掘り下げた。

 企画趣旨を聞いたアンミカは「得意です、そういうの」「言霊には言霊ね」とニコニコ。オードリーの若林正恭(43)は、アンミカのことを「教祖様」と呼び、ゲストたちに「新興宗教だと思ってください」と冗談めかして説明。アンミカもノリノリでゲストたちに両手を広げて、神々しい笑顔を見せた。

 神田は、自分がこれまでルールを遵守して生きてきたと明かし、芸能界ではルールを破って自由に生きてきた人のほうが重宝されていると訴えた。神田が「ルールを破って生きてきたほうが良いのか?」「このモヤモヤをどのように晴らしたらいいか」と続けると、アンミカは「ルールを守りながら生きるって難しいですよ。まず拍手!」と神田の生き方を全肯定。

 アンミカにつられるように、黒澤と後藤も神田に拍手を送る様子を見た若林は「集団セラピーじゃねえか!」と苦笑いしたが、アンミカは「だってルールを守るって実はとっても難しいことですよ」と力説。

 アンミカは「逆にルールだらけの中で生きてきた面白さがあるはずなんです」「自分で気づかない面白いところをどんどん見つけていただける幅があるから逆に羨ましい!」「伸びしろしかない!」と次々ポジティブ全開の言葉を連発。神田は「(モヤモヤが)晴れました。そうなんだって思いました」と晴れやかな表情でうなずいた。

 次に黒沢は「サンダルで電車に乗れる女って勝ち組だよな」と思っているといい、サンダルで出かける人は人に足を踏まれることを考えない、走って誰かを助けに行こうとする意思のない人で、自己中心的な考えを持っていると主張。春日俊彰(42)は「サンダルだけでそこまで……」とびっくり。アンミカはこの日サンダルをはいていたが、来るときはサンダルではなかったと聞いた黒沢は、「ほら、これは衣装だから」と納得。

■「お金払って来たい番組」

 このモヤモヤにアンミカは、「まず1つ、想像力が豊かで、人を助けるかどうかって前提っていうのはすごく優しい人」と黒沢の人柄を絶賛。そのうえで「サンダルはいてる人はもしかしたら外反母趾かもしれないし、小指骨折してるかもしれないし、いろんな理由があるかもしれない」と指摘し、黒沢に「心配性の方って、同じ字を別に読むと“心配り”にもできるんですね。紙一重なんですよ」「素敵な方です、黒沢さん」と、考え方をポジティブに持っていくようアドバイス。アンミカのよどみないトークに、若林は「出るなぁ」と感心していた。

 この調子で、アンミカは後藤のモヤモヤも解決。後藤は「ポロッと言うはずない悩みとかも言ってしまって。初めてお金払って来たい番組だなって思いました」と感謝し、若林を大爆笑させた。

 3人の悩みに「視点が変われば世界も変わる」「不安は生きている証」など、自己啓発セミナーのようなポジティブ名言を連発したアンミカ。視聴者からは「アンミカ教なら入信してもいいな」「アンミカみたいな考えで生きてぇな」「アンミカが芸能人を全肯定する番組で笑う」と感心する声が続出。

 一方で、9月8日にアンミカの夫の会社に対して雇用調整助成金の不正受給疑惑が報じられ、9月13日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演したアンミカは、この問題について「お騒がせしております」と謝罪。

 バツの悪さからか言葉に詰まる場面も多く、ふだんのような歯切れの良いコメントやポジティブ発言も少なかった。そのため、今回の番組を見た一部視聴者からは「アンミカ企画は旦那の話が出てくる前に見たかったな」「まさか夫の会社がどんよりしてたとは、このとき思ってなかったアンミカ」「旦那さんの疑惑が頭にチラついてこの笑顔の胡散臭さがキャラとして受け止めれなくなりつつある」など、モヤモヤコメントも上がった。

 アンミカは持ち前のポジティブ思考で、この苦境も乗り越えられるのか!?

関連リンク

  • 9/27 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます