「バンクオーバー!史上最弱の強盗」後編 間宮祥太朗に「どんな役でもハマる」の声、「計算し尽くした」脚本にも賞賛集まる

拡大画像を見る

間宮祥太朗主演「バンクオーバー!史上最弱の強盗」後編が9月27日放送。「計算し尽くした脚本」などストーリー展開に賞賛が集まるとともに、主演の間宮さんに「どんな役でもハマる」「器用さが存分に出てた」と絶賛の声が相次いで寄せられている。

本作は難病にかかった妹の手術費を工面するため銀行強盗をする羽目になった猿渡佐助を間宮さんが演じる、外見と中身のギャップがありすぎる人々が織りなす新感覚サスペンスコメディー。

共演には上司である山根の命を受け、自らの身分を弁護士だと偽って銀行に潜入していた刑事のさくらに上白石萌歌。コワモテな風貌の佐助の会社の従業員・田尻に長江英和。ホームレスのような風貌で金庫から現れる“謎の男”に細田佳央太。銀行の支店長に呼ばれ、金庫でSMプレイをしていたマイにファーストサマーウイカ。マイに縛られた姿のまま人質になる支店長・鈴木に阪田マサノブ。銀行の窓口担当・後藤雫に伊藤万理華。

銀行の金庫に隠された高級麻薬を入手するため、銀行強盗事件を利用しようとする警部の山根広務に袴田吉彦。難病に罹ってしまった佐助の妹、猿渡小春に貴島明日香といった顔ぶれ。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

山根の命で放たれた銃弾が当たったのは“謎の男”だった。佐助をかばったその男は驚く佐助に「……わかりませんか、僕です」とつぶやく。なんと彼は小春の婚約者、若松健一。彼は佐助から渡された1000万を持って病院に行くが、医者から実際に必要なのは1000万円ではなく1000万バーツと言われ、自分が働く工事現場から銀行の金庫までトンネルを掘っていた…それで痩せ、全く見た目が変わっていたという。

健一の身の上話を聞いたマサルとワタル(星野ルネ、蟹江アサド)は自分たちが日本人だと告白、さらにさくらも自分の素性を明かすと、その場にいた面々が山根に騙されていたことが判明。佐助は山根を騙し返そうと提案する…というのが後編のストーリー。

数多くの伏線が回収されていく展開に「伏線回収が凄かった、2週じゃ足りんよ」「普通に連ドラでも見たいなぁっていうくらい面白かった」「計算し尽くした脚本は芸術」「伏線回収しまくりつつのあたたかいラストがよかった」など絶賛の声が送られる。

また主演の間宮さんには「間宮君の主演作がこんなに愉快な作品で良かった」「間宮くんどんな役でもハマるのほんとに凄い演技力だな」「間宮くん、コメディもシリアスもツッコミも、豚野郎もイカした職人姿も優しい兄も、オールマイティにこなせる器用さが存分に出てた」といった反応多数。



(笠緒)

関連リンク

  • 9/27 7:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます