河野太郎vs岸田文雄vs高市早苗!「新総理候補」3人のマル秘素顔

拡大画像を見る

 4候補が出馬し、混戦模様となっている自民党総裁選。9月29日の投開票に向け、各候補とも“票読み”に追われている。「目下、票集めでトップを走っているとされるのが、河野太郎ワクチン担当相(58)です。ただし、これは党員票が中心。議員票では岸田文雄前幹事長(64)、高市早苗前総務相(60)と拮抗しています。

 推薦人をかき集めて出馬した野田聖子幹事長代行(61)は“泡沫候補”に終わりそうなため、総裁選は河野、岸田、高市の三つ巴のバトルとなっています」(全国紙政治部デスク)

 自民党総裁選は382人の議員票、同数の党員票で争われる。

「1回目の集計で過半数を取れなければ、1位、2位で決戦投票となります。決選投票では議員票は382のままですが、党員票は都道府県ごと1票に集約されるため、47票となります。つまり、決戦投票では議員票を多く集めたほうが有利なんです」(前同)

 現状では河野氏が1回目の投票で過半数を獲得する可能性は低く、決戦投票が有力視されている。

「河野vs岸田の一騎打ちだったら、1回目の投票で河野さんが過半数を取り、勝利したはず。ただ、高市さん、野田さんも出馬したことで、決戦投票が決定的になったと言えます」(政治評論家の有馬晴海氏)

 過去の決戦投票では、2位になった候補を3位になった候補が支援する“2位・3位連合”が形成されるケースもあった。

「今回の場合、河野vs岸田で決戦投票となれば、高市支援に回った安倍晋三前首相陣営の議員票が岸田さんに回るため、岸田新総裁が誕生するはずです」(前同)

 しかし、ここにきて、党内では高市氏の評価が急上昇しているという。

「公開討論などで歯切れのよい受け答えを見せたため、“高市総理もいいじゃないか”という声が増えているんです。河野vs高市で決戦投票となれば、岸田陣営は高市支援に回るため、高市総裁の目もあります」(同)

■河野太郎は変人?

 新総裁は10月4日に召集される臨時国会で首班指名を受け、首相に就任する。では、“日本の新たな顔”となる候補者たちの素顔は、どのようなものなのか。党員票でトップを走る河野氏から見ていこう。

「知名度があり、国民人気が高い河野さんですが、永田町では“変人”で通っています。猪突猛進なところが、軋轢を生むからです。一部週刊誌では、部下に対する“パワハラ疑惑”も報じられていますが、彼の性格は独善的にも映るため、中堅以上の議員からは、すこぶる評判が悪い。議員票が伸びないのは、そのせいです」(自民党関係者)

 趣味は歌と音楽だというが、想像を絶する音痴なんだとか。かつて麻生派の会合でカラオケ(アリスの『冬の稲妻』)を披露した際、同僚の岩屋毅元防衛相は、ブログ上で音痴ぶりを、こう“暴露”している。

〈こんなに音程がはずれた唄は聴いたことがない。いや、生まれて初めてといっても過言ではない〉

 歌はともかく、河野氏が“政治音痴”でないことを祈りたいが……。河野氏を猛追する岸田氏はどうか。

「キャラがはっきりしている河野さんに比べ、岸田さんはおとなしい印象です。よく言えば誠実なんですが、生き馬の目を抜く政治の世界では、それは“凡人”とも取られてしまう。これまでも、押し出しの弱さで損をする局面が多々ありました」(前同)

 現在発売中の『週刊大衆』10月11日号では三者三様の素顔に迫っている。

関連リンク

  • 9/27 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます