加藤浩次「絶体絶命」!!『スッキリ』が谷原章介『めざまし8』に「負けた」!水卜麻美アナ卒業、BPO&五輪問題…看板番組がボロボロ急降下!!!

拡大画像を見る

「極楽とんぼの加藤浩次さん(52)がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)に異変が起きています。実は『スッキリ』は5月中旬から世帯視聴率がどんどん落ちていっているんです」

 と語るのは制作会社関係者。現在、日テレの朝の情報番組『スッキリ』の数字が急落しているのだ。

「GW頃まではこれまでと変わらずでした。たとえば、5月6日の世帯視聴率は7.9%と8%に迫っていた。しかし、同月25日と26日は6.8%、同31日は7.0%と7%台に盛り返したものの、6月2日には6.2%、翌3日は6.8と、また6%台に落ちて、それが現在まで続いている感じです。

 そして、9月22日は5.9%と、ついに5%台に落ちてしまったんです」(前同)

『スッキリ』が数字を落とすのと対照的に、9月23日、谷原章介(49)と永島優美アナウンサー(30)がMCを務めるフジテレビ系『めざまし8』(月~金曜午前8時~)が、同日の放送で平均世帯視聴率7.1%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。これは、3月27日に番組がスタートして以来、初の同時間帯民放2位となるもので、同日のテレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』が10.9%、『スッキリ』は6.9%だった。

「同日の、テレビ各局が最も重要視している13~49歳のコア視聴率は『スッキリ』が3.4%、『めざまし8』が2.5%ですから、まだ『スッキリ』が上回っていますが、世帯視聴率は5月中旬から明確に落ちています。『スッキリ』が裏のフジテレビ番組の数字を下回ったのは、『めざまし8』の前番組、小倉智昭さん(74)の『とくダネ!』時代を含めても、ここ2~3年はなかったのではないでしょうか。

『スッキリ』は世帯視聴率5%台に下落する日もあり、『めざまし8』にグイグイ迫られています。5月に数字を落とし始めたことから考えると、やはり3月末で水卜麻美アナ(34)が番組を抜けたことが大きいでしょうね」(前同)

 3月26日の放送をもってサブMCを務めていた水卜アナとハリセンボンの近藤春菜(38)が『スッキリ』を卒業。同27日からは岩田絵里奈アナ(26)が水卜アナに代わってサブMCに就任した。

「岩田アナの評価も高く、人気も急上昇中なので彼女が悪いわけではないでしょう。ただ、水卜アナは『好きな女性アナウンサーランキング』で5連覇して殿堂入り。太陽のような明るい存在で、彼女が出演する番組は軒並み高視聴率を記録。日テレ内でも“勝利の女神”と称されるほどでした。

 また水卜アナは、仕事がきっちりできた上で楽しいキャラということで、男性以上に幅広い層の女性視聴者に好かれていた。『スッキリ』の放送時間は、やはり女性が家庭に多くいてテレビを見てくれる時間帯。彼女が番組を卒業したことで、『スッキリ』から女性視聴者が徐々に離れていってしまった。その影響が5月中旬頃から顕在化したということではないでしょうか」(同)

■BPO案件&五輪不祥事……連続した『スッキリ』の放送事故

 8月19日には夏休みを取った加藤に代わって、ハリセンボンの近藤が『スッキリ』の代打MCを務めた。近藤については、一部で『スッキリ』に復帰するという報道もあった。

 9月2日、日本テレビはオンラインで10月期「番組改編説明会」を実施。近藤の復帰報道に対して、同局の田中宏史編成部長は「現時点で決まっていることはございません」とし「スッキリファミリーとして機会があれば、今後も出演してもらえたらと思っております」とコメントした。

「普通なら“復帰はないです”と言えばいいにもかかわらず、“現時点で決まっていることはございません”とコメントしたんです。つまり、近藤さんの復帰はゼロではないということ。たとえば来年の春、卒業してわずか1年での近藤さんの復帰なんてことも考えられる。現実的ではないかもしれませんが、そうした可能性が語られること自体、局上層部に現在の『スッキリ』の視聴率低下に焦りがあるからこその話かもしれませんね」(前出の制作会社関係者)

 現在、世帯視聴率が急落していっている『スッキリ』。同番組では、3月12日の番組内でアイヌ民族を傷つける不適切な表現があり、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は7月21日、「明らかな差別表現を含んだもの」として放送倫理違反があったとする意見書を公表。8月26日の番組内では、この問題を30分にわたって検証する放送を行なった。

 また、7月28日に行なわれた東京五輪の卓球・女子シングルス準々決勝で、試合中の伊藤美誠選手(20)が報道陣のライトの眩しさを指摘する場面があったが、これも『スッキリ』のクルーだったことが明らかになった。

「加藤さんにとって一丁目一番地の番組であるはずの『スッキリ』が今まさに揺れているんです。加藤さんは3月末に吉本との専属エージェント契約を解除されフリーになりました。その際には『スッキリ』存続の危機も懸念されました。

 しかし、視聴率が堅調だったこともあり、番組は現在まで続いているわけです。ところが、『めざまし8』に迫られ、ついには逆転される日も出てきてしまった。まだコア視聴率は上回っているとはいえ、不祥事の件なども考えると番組の流れは明らかに良くないというか、非常に悪い。

 もし、この悪い流れに歯止めがきかなくて数字がさらに低下し、『スッキリ』が終了するということになってしまったら、加藤さんの収入は激減必至。彼の芸能生活も窮地に陥ってしまう可能性もあります」(民放キー局ディレクター)

■水卜アナがいたときは世帯とコアが両立できていた

 加藤は9月24日放送の『不思議体験ファイル 信じてください!!』(関西テレビ)でMCを務めた。

 同番組は、これまで誰に話しても信じてもらえなかった「不思議体験」を持つ人の体験談を番組スタッフがあらゆる手段を使い徹底検証するという内容。

 収録を終えた加藤は「信じてもらいたいこと」の質問に「僕が吉本を辞めたんじゃなく、吉本に契約を切られたってことを信じてもらいたいです」と、吉本との専属エージェント契約を終了し、フリーになったことを“検証報告”した。

「加藤さん自身も現状に危機感を覚えているのでしょうね。フリーになってから約半年が経ったわけですが、今が彼にとっても勝負所なのではないでしょうか」(前出の民放キー局ディレクター)

『スッキリ』の世帯視聴率が落ち、『めざまし8』が肉迫している現状について、前出の民放キー局ディレクターが続ける。

「年配層の視聴者の意見としては、最近の『スッキリ』はとっつきにくい部分があると。コメンテーターの言うことがキツかったり、偉そうだと感じてしまう視聴者も少なくないようです。その点、谷原さんの『めざまし8』は穏やかで落ち着いて見られる。司会者も同様に、加藤さんよりも谷原さんのほうが穏やかで声も優しい。もちろん、一流俳優の谷原さんのイケメンぶりについては言うまでもありません。

 それに、深刻なワイドショーは見ていて疲れてしまうという声も多い。特に『モーニングショー』はコロナの危険性を煽るような番組作りですよね。コロナが危険だというのは分かっていても、朝から深刻な番組を見ると疲れてしまう人が多いといいます。かといって、『ラヴィット!』(TBS系)のようなお笑いに寄った番組を見たいというわけでもない。だから、NHKの『あさイチ』や穏やかな『めざまし8』が好まれるというところがあるようです。

 ただ、これは年配層の意見。もちろん『スッキリ』の制作陣はそうしたことはすべて分かった上で、若い層、コア層の視聴率を取りにいく番組制作をしているのでしょう。逆に言うと、だからこその世帯視聴率の低下とも言えそうですが、水卜アナがいたときは、世帯もコアも良かったわけで……。それがここにきて崩れたきたことは間違いなさそうです」

 世帯視聴率が5月から急落し、さまざまな問題が噴出している中、来年春の改編期を『スッキリ』は乗り越えることができるのだろうか!?

関連リンク

  • 9/27 6:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

12
  • ***

    10/6 19:24

    視聴率が落ちている?知らんがなそんな事は。一企業の番組の評判やら人気やら…私の生活には何の関係もありませんからどーでもええわ

  • ツミレ

    9/28 21:44

    朝ドラ見て、そのままあさイチか、ラヴィット!か、の二択。知りたいニュースは自分から拾いに行くから、その気のない時はのほほんと見てられる番組がいい。

  • 出演者のせいにするなよ💢

記事の無断転載を禁じます