アーセナルに敗れて3連敗…トッテナム指揮官「まったく良くなかった」

拡大画像を見る

 トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、26日に行われたプレミアリーグ第6節のアーセナル戦を振り返った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 試合は12分にMFエミール・スミス・ロウのゴールでアーセナルが先制すると、その後アーセナルは2得点を挙げる。トッテナムは78分にFWソン・フンミンのゴールで1点を返すが、その後スコアは動かず1-3で敗戦。”ノースロンドンダービー”に敗れたトッテナムは、プレミアリーグ3連敗を喫した。

 ヌーノ監督は「ゲームプランが機能しなかったと思う。ハーフタイムはみんながっかりしていた。何かを責めるのではなく、まずは何をしなければならなかったのかを理解することが大切だと思う」と述べ、次のように振り返った。

「後半は良いプレーをできたが、試合は負けてしまった。後半の早い段階で1点取れていれば試合を振り出しに戻せたかもしれないが、それができなかった。いくつかの決定機はあったが、試合全体としてはまったく良くなかった。ファンもがっかりしている。我々にとっては非常に厳しい日だ」

 また、ヌーノ監督は「精神的にも肉体的にも選手たちを回復させなければならないし、改善しなければならない」と述べた。

関連リンク

  • 9/27 4:53
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます