出場機会に苦しむユヴェントスMFラムジー…冬にもプレミアリーグ復帰か?

拡大画像を見る

 ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーにプレミアリーグ復帰の可能性があるようだ。25日、イギリスメディア『ザ・サン』が報じている。

 現在30となるラムジーはカーディフの下部組織出身。2008年には9歳から育ったクラブからアーセナルに移籍。アーセナルではリーグ戦通算262試合に出場し、10年以上に渡って活躍した。

 2019年にユヴェントスへの移籍を果たすが、これまで公式戦69試合の出場にとどまっており、今シーズンはセリエAで1試合しか先発出場を果たしていない。『ザ・サン』によれば、出場機会に苦しむ同選手はユヴェントスからプレミアリーグ復帰の許可が得られ、チームは冬に移籍させる用意ができているようだ。

 既にウェストハムやエヴァートン、ニューカッスルが同選手の能力に注目しており、1月にいくつかのオファーが届く可能性があるという。一方で、高額な給与を受け取っているだけに、契約の際に金銭面の問題に直面するとも見られている。

関連リンク

  • 9/26 23:50
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます