高木と仲本 23年ぶり雷様コントでぼやき「いかりやさん死んだらすることない」

拡大画像を見る

 ザ・ドリフターズの高木ブーと仲本工事が26日放送のフジテレビ系「ドリフに大挑戦スペシャル」で、23年ぶりに雷様の新作コントを披露した。お笑いコンビ「カミナリ」を相手に、リーダー・いかりや長介さんへのリスペクトがこもった爆笑コントだった。

 タイトルは「カミナリの雷様入社面接」。冒頭、赤鬼の仲本工事が「ひまだねえ。いかりやさんが死んじゃったらすることなくなっちゃったね」とつぶやくと、緑鬼の高木ブーが「お前はいいよな。長さんにかわいがられてたから。オレなんて年中、小言ばっかり。たまあに褒めてくれんだけど…」とぼやき、往年のやり取りからスタートした。

 そこにまなぶ(青鬼)とたくみ(黄鬼)のカミナリが入ってくると、高木は「なんだよ、これから長さんの悪口を言おうと思ってたのに」とポツリ。それでも「俺たち、補欠探してんだよ。なんかやってみろよ」と雷様の入社試験が始まった。

 カミナリは漫才を披露。たくみがまなぶの頭をはたくツッコミに、終演後、高木が「オレは生まれて88年。素手で人殴ったことないんだよ。殴られたことはあるんだけど、長さんに。殴らしてくれよ」と頼み、まなぶの頭を「ペチッ」とたたき「中、空っぽだな」とツッコむと、まなぶは「うれしい。感動」と感激した。

 その後、高木がウクレレ、仲本がギターを弾きながら「こげよマイケル」を歌唱。「俺たちのことを歌ってくれよ」とムチャぶりされたカミナリが「いかりや」と呼び捨てにした歌詞で歌うと、2人は「よく長さんのこと呼び捨てにできるな。ダメに決まってるじゃん」「どうしようもねえな」とキレ、笑わせた。

 高木は22日のインスタグラムでは、新旧雷コラボ4ショットを披露している。

関連リンク

  • 9/26 22:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます