やってしまうと幸せが遠のく!【恋の賞味期限を短くする】NG行動って?

拡大画像を見る

幸せな時間がずっと続いてほしいと思っていても、ちょっとしたきっかけで「恋の賞味期限が短くなってしまうことがあります。
自分では何とも思っていないことでも、男性にとっては100年の恋も冷めるNG行動であることも...。知らないうちにNG行動で恋の賞味期限を短くしてしまう、NG行動をご紹介します。


元カレの話をする

女性にとって、過去の恋愛は過去のもので、今好きな相手がいるならその人が1番。だからこそ、元カレの話をしてもそこまで深い意味がないことが多いですよね。
ところが男性にとっては、過去の男性の話をされることはプライドがズタズタになってしまいます。
「俺よりハイスペックだ」「俺に足りないところがあるってことか」など、少しでも劣っているところがあれば、彼女のそばにいていいのか自問自答してしまうことも。その結果、別れを選ぶ男性もいるので、安易に元カレの話をするのはリスクがあります。


彼と一緒にいることが当たり前と思う

恋人同士なら、他の女性よりも長い時間一緒にいたり、連絡を取ることも多くなりますよね。もちろん恋人同士なので、優先順位も高くなるのですが、彼が一緒にいてくれることを当たり前に思うと、あっという間に恋の賞味期限が来てしまいます。
彼と一緒にいることが当たり前に感じると、「どうして一緒にいてくれないの!」「私のことが好きじゃないの?」など、負の感情がどんどん出やすくなるのです。彼に対して不満が大きくなって喧嘩も多くなり、結果別れに繋がることも。


常に浮気を疑ってしまう

女性に人気だったり、女性の影がちらつくと、「もしかして浮気してるんじゃない?」と疑ってしまいますが、もし彼が浮気をしていなかった場合どうなるでしょう。「俺のこと、そんなに信用してないんだ」と、2人の信頼関係が崩れてしまうことに。
反対に浮気をしていないのに、彼から浮気を疑われたら、「どうして信用してくれないの?」と、悲しい気持ちになってしまうのではないでしょうか。
そんなに疑うなら、他の女性に行けばいいじゃん!と、不満を抑えられなくなってしまうケースもあるでしょう。心配してしまうくらい大好きでも、常に浮気を疑うと本当の幸せが逃げて行ってしまいます。


恋の賞味期限を短くしない工夫をしていこう!

恋の賞味期限を短くしないために、お互いに気持ちよくそばにいられる環境を作っていくことが大切です。
つい恋人同士だからと相手に甘えてわがままを言ってしまうと、お互いにストレスが溜まって恋の賞味期限を短くしてしまうことになってしまいます。
「一緒にいてくれてありがとう」と感謝の気持ちを大切にして、お互いに歩み寄っていけると恋の賞味期限も長くなるでしょう。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/26 21:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます