G大阪、セットプレーから2得点で6試合ぶり白星…柏は決定力不足で2連敗

拡大画像を見る

 26日に明治安田生命J1リーグ第30節が行われ、ガンバ大阪がホームに柏レイソルを迎えた。

 G大阪は3分、左サイドでフリーキックを獲得する。宇佐美貴史が直接狙ったシュートはゴールに吸い込まれ、開始早々にガンバが先制に成功した。

 その直後の柏は細谷真大が左サイドを駆け上がり、自身でゴールを狙うがGKのセーブに阻まれた。18分にも細谷がミドルシュートを放つが枠を外れる。

 G大阪は26分、再びフリーキックを獲得。宇佐美の入れたボールに菅沼駿哉が頭でピタリと合わせてゴールネットを揺らした。

 反撃に出たい柏は45分、ボールを受けた瀬川祐輔が反転から左足でシュートを放つ。しかしボールは左に外れ得点とはならなかった。

 柏は57分、みたび細谷が相手ゴールに迫る。しかし決定的なシュートはゴールポストを叩いてしまう。68分にも三丸拡のワンタッチクロスにクリスティアーノが合わせるも枠を捕えられない。

 柏はG大阪より多くのシュートを放つがなかなか得点に結びつかない。73分には神谷のシュートが枠を捕えるも再びGK東口の壁が立ちはだかる。

 柏は86分、クリスティアーノが左サイドを勢いよく突破する。最後はクロスに神谷優太が合わせてついに反撃の狼煙を挙げる。

 一矢報いた柏の反撃は及ばず、試合はそのまま終了してG大阪が2-1で勝利を収めた。G大阪はリーグ戦では8月13日の清水エスパルス戦ぶりに白星を飾った。対する柏は前節に続き攻撃力に課題を残す一戦となった。

【スコア】
ガンバ大阪 2-1 柏レイソル

【得点者】
1-0 3分 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
2-0 26分 菅沼駿哉(ガンバ大阪)
2-1 86分 神谷優太(柏レイソル)

関連リンク

  • 9/26 20:58
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます