【ばんえい・銀河賞結果】ヤマトタイコーが重賞初V、上位人気総崩れで3連単100万超の波乱

拡大画像を見る

 26日、帯広競馬場で行われた第29回銀河賞(4歳・重賞・ダ200m・1着賞金200万円)は、第2障害を最初にクリアした渡来心路騎手騎乗の7番人気ヤマトタイコー(セ4、ばんえい・久田守厩舎、積載重量720kg)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の10番人気コマサンダイヤ(牡4、ばんえい・金田勇厩舎、積載重量730kg)に5.6秒差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分53秒5(馬場水分2.2%)。

 さらに1.2秒差の3着に6番人気フォルテシモ(牝4、ばんえい・坂本東一厩舎、積載重量690kg)が入った。

 2番人気ゴールドハンター(牡4、ばんえい・金田勇厩舎、積載重量730kg)は4着、1番人気キョウエイリュウ(牡4、ばんえい・村上慎一厩舎、積載重量740kg)は7着、3番人気カイセドクター(牡4、ばんえい・坂本東一厩舎、積載重量750kg)は9着に終わり、3連単100万8700円の波乱となった。

 ヤマトタイコー、渡来心路騎手はいずれも重賞初制覇。

関連リンク

  • 9/26 20:25
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます