松本まりか、松田美由紀宅に居候していた「女優黎明期」

拡大画像を見る

 ORICON NEWSの「2021年上半期ブレイク女優ランキング」で1位に輝いた松本まりか。10月3日にスタートする主演ドラマ「それでも愛を誓いますか?」(テレビ朝日系)では、主人公・純須純を演じている。

 最近は女優業のみならず、トーク番組にも引っ張りだこ。2018年に松本大ブレイクのきっかけとなったドラマ「ホリデイラブ」(テレビ朝日系)の“あざと可愛い”イメージから“ちょっと抜けた感じ”が、受けているようだ。

 9月18日放送の「二軒目どうする?ツマミのハナシ」(テレビ東京系)では、ほろ酔い加減で今年5月、都内のサウナで倒れて顔面を骨折。救急搬送されたと週刊誌に報じられた件の真相を明かした。

 実は、サウナで倒れたのではなく、アカスリをしようと思って湯船に3分ぐらい入って出てきた時にフラッときて意識を失ってしまったそう。不思議だったのは、仕事を休むわけにいかないと強く思ったら、顔の腫れが治まったという。

「9月11日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)では18歳の頃、俳優の故・松田優作氏の妻・美由紀の家に居候していたことを告白。その間、息子の俳優・龍平と翔太がどんどん人気者になっているのを目の当たりにして『ずっと女優でいたいという気持ちがあった』そうで『(スターになった)感覚も知りたいと思ってしがみついていたような気はします』と複雑な心境だったことも明かしました」(芸能ライター)

 まさにスターの階段を上っている松本。今はどんな景色を見ているのだろうか。

関連リンク

  • 9/26 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます