“日本一のコスプレイヤー”えなこら、ファッションショー初出演に感激 夢を叶える秘訣語る

【モデルプレス=2021/09/26】株式会社「PPエンタープライズ」に所属するコスプレイヤーのえなこらが、京セラドーム大阪(大阪市西区)にて行われた「EXIA Presents KANSAI COLLECTION 2021AUTUMN & WINTER」(以下:関コレ、9月5日開催)に出演。えなこ、伊織もえ、篠崎こころ、つんこがバックステージでモデルプレスのインタビューに応じ、初ランウェイの感想や夢を叶える秘訣を語った。

◆えなこ・伊織もえら「関コレ」初出演で圧倒的存在感

― 初めてのランウェイ、そして関コレステージはいかがでしたか?

えなこ:ファッション業界のイベントでコスプレイヤーがコスプレをして出させていただくということ自体も初めてだと思うので、本当に光栄です。今回文化庁さんとコラボさせていただいて、日本のおとぎ話をテーマにしたコスプレをしたのですが、どの衣装もすごく可愛くて!あと専門学校の学生さんがデザインしてくださった衣装とかもあって、すごく華やかでいろんな思いが詰まったステージになったんじゃないかなと思います。

篠崎:私は専門学校の学生さんがデザインしてくださった衣装を着させていただきました。「竹取物語」のかぐや姫をテーマにしたものだったのですが、サイバーと竹取物語を掛け合わせた新しい物語の衣装だったので、何か後世に語り継ぐ物語として、また新しい風が吹いたのかなと思います。そんな衣装をこのステージで着させていただけてすごくありがたいと思ったし、ステージで銃を使ったパフォーマンスもできて楽しかったです!

伊織:社長は打ち合わせを4ヶ月前くらいからしていたと言っていたし、私たちはランウェイを歩くことも初めてだったので、みんなでウォーキングレッスンを受けて、準備に時間をかけてきました。コスプレイヤーのみんなが色とりどりのいろんな衣装を着られて、そのために専門学校の方、文化庁さんとも細かくフィッティングをして…いろんな方の協力を得てコスプレイヤーがランウェイに立てたので、すごく素晴らしいステージになったと思います!

つんこ:私はファッションが元々大好きだったのですが、ファッションがコスプレと結びつくなんて思ってもいなかったので、コスプレイヤーとしてモデルさんも歩いているランウェイを歩けたことが光栄です。めちゃくちゃ緊張したのですが、結構「PPE」というボードを持ってくれている方をステージから見つけて、すごく楽しかったです!

― そうですよね!お客さんが入っている有観客のイベントも久しぶりですよね。

全員:久しぶり!

伊織:でもコスプレのイベントで囲まれて撮影される感覚と、ランウェイを歩いている時は雰囲気も全く違うなと思いました。

えなこ:以前ドームで始球式をやったことがあって、その時もすごく緊張したんです。また改めて久しぶりにこうしてイベントでドームを訪れて、会場の広さやお客さんがたくさん見えるというのを目前にするとすごく緊張しちゃって…正直今年1番緊張しました!

つんこ:えー!そんなことを感じさせないくらい堂々と歩いていたよ!

◆えなこが発案「関コレ」前日にライブ配信

― ランウェイも練習したとおっしゃっていましたが、ほかに前日に準備したことはありましたか?

つんこ:死ぬほどパックした(笑)。

全員:わかる!

篠崎:あと、本当にステージのギリギリまで緻密な衣装のサイズ合わせや、こうした方がもっと華やかに見えるなどと調整していたので、本当に素敵なステージになったかなと思います。

伊織:準備ではないのですが、前日にみんなで集まってえなこちゃんのInstagramでインスタライブをしました!

えなこ:私が夜に思いついてみんなを部屋に呼んだんです。

全員:楽しかった~!

つんこ:お泊まり会みたいで楽しかった!

えなこ:関コレでPPEのみんなを待っているみんなへ期待感を高められるんじゃないかなとか、PPE自体の一体感も高められるんじゃないかなと思って!

伊織:「PPE内で彼女にするなら誰?」と指差しでやったのが楽しかったね!

― 誰が1番人気だったんですか?

篠崎:吉田さんが人気でした。

伊織:優しさが良いよね。

◆えなこらの夢を叶える秘訣

― コスプレイヤーのみなさんがランウェイに出るという夢を叶えたということで、夢を叶える秘訣を教えてください!

えなこ:どんなに無謀で可能性がなくても、言葉にするだけで実現する可能性は限りなく近づくので、まずは言葉にすることです。そして、夢に向かって一見関係ないようなことでもチャレンジしてみたり、意欲的に動いてみたりするというのが大事だと思います。

篠崎:諦めなければ夢は続くと思います。諦めずに自分がやりたい方に進んでいけば、夢はずっと見られるものだと思うので、私も大切にしているんです!

つんこ:いろんな事をコツコツと積み重ねていくことです。DJをずっとやっていたらDJを経由して声のお仕事できたし、本当に「こんなことが」ということが自分のやりたかったことに繋がっていくこともあるので、自分が興味を持ったことにたくさん取り組んでみることが大事なのかなと思います。

伊織:夢を1つ設定したら、そこから逆算して行動することです。だいたい話題の移り変わりは3ヶ月くらいだと思っているので、私は3ヶ月でどう行動するかを考えています!最近ではYouTubeを始めたのですが、最初の3ヶ月はまず伊織もえがYouTubeをやっていることを印象付ける3ヶ月にしようと思って、絶対に2日に1回更新しました。こんな風に、計画を立てて進めていくといいのかなと思います。

― ありがとうございました!

(modelpress編集部)

☆えなこらが所属する株式会社PPエンタープライズでは、グラビアアイドル・コスプレイヤー専門のサブスクリプション型ファンコミュニティプラットフォーム「Mi-muse by Mi-glamu」(ミーミューズ)にて、ファンクラブを開設。限定写真や動画、様々な特典を展開している。

◆えなこプロフィール

誕生日:1月22日

コスプレイヤーとして、TV・web・ラジオ・雑誌など幅広く活動。雑誌表紙や人気バラエティ番組、ドラマにもゲスト出演するなど、人気マルチタレントとして活躍し“日本一のコスプレイヤー”と称される。

◆伊織もえ(いおり・もえ)プロフィール

誕生日:1月24日

イベントでの自作コスプレをきっかけに、ネットを中心に注目を集めた人気コスプレイヤー。現在はグラビアやラジオパーソナリティ、映画やドラマにも出演するなど多岐にわたり活躍している。

◆篠崎こころ(しのざき・こころ)プロフィール

誕生日: 7月7日

コスプレイヤーのほか女優、モデル、DJ、プロデューサーとしても活動。アイドルグループ楽曲の作詞も手掛けるなど多彩に活躍中。

◆つんこプロフィール

誕生日:1月9日

「人生詰んだ」が名前の由来。コスプレイヤー、グラビア、DJ、声優としてマルチに活躍中。


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/26 17:02
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます