元モー娘。飯窪春菜 プロレスセコンドデビューに長州力絶賛「この子すごいね」

拡大画像を見る

 元モーニング娘。の飯窪春菜(26)が26日、東京・後楽園ホールで行われた、「終末のワルキューレコラボマッチ~神vs人類~8人タッグマッチ」でセコンドデビューを飾った。

 飯窪の主演舞台「『終末のワルキューレ』~The STAGE of Ragnarok~」(11月27日~12月5日、東京・こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ)とDDTプロレスリングとのコラボマッチ。飯窪は舞台衣装に身を包み、セコンドとして自軍を鼓舞した。

 プロレスの迫力を間近で体感した飯窪は「プロレスを生で見るのが初めてだったのでほんとに感動しました。お客さんと一体感のあるリング。あの空間を見たら(リングに)立ってみたいと思いましたね」と声を弾ませた。

 特別解説を務めたレジェンドレスラーの長州力(69)は、セコンドの飯窪を「この子すごいね」と絶賛。「こんなちっちゃな体で一番存在感があった」と太鼓判を押していた。

 飯窪は、半神半人の戦乙女の一人、ブリュンヒルデを演じるにあたり「まさか自分に役が来るなんてと思いました。アニメ版の声優の沢城みゆきさんがセクシーというイメージなので、自分も舞台上で堂々と立てたら」と意気込んだ。

関連リンク

  • 9/26 15:32
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます