「お腹・腰・太もも」に効く簡単エクササイズ、キュッと引き締めよう

拡大画像を見る

 去年に引き続き、今年も自宅で過ごすことの多い秋。「スポーツの秋」も「行楽の秋」も、来年以降のお楽しみとなると……。残るは、「食欲の秋」!?

 秋は、暑さが和らいで食欲が復活するだけではなく、ほっくりとした芋・栗・カボチャ、脂がのったさんま、それに“秋限定”のあまーいお菓子。心惹かれる食ベ物が山のようにありますから、今からボディラインの崩れが心配です。

 そこで今回は、「お腹・腰・太もも」といったサイズアップが気になりやすいパーツをターゲットに、ヨガインストラクターでもある筆者がよくおこなっている仰向けのエクササイズを3つ紹介していきたいと思います。

◆「お腹・腰・太もも」あおむけエクササイズ

 ここで紹介するエクササイズはすべて、仰向けの姿勢で床から足を持ち上げておこないます。

(1) 床に仰向けになる

(2) 両足を揃え、床に対して垂直の角度まで持ち上げたら、上体を軽く起こす

 →両手は頭のうしろで組む
 →へそを見るようにして、上体を起こす

 腰が反りやすかったり、負担がかかりやすかったりする方は、丸めたタオルを下に敷いておこないましょう。

 それでは、エクササイズスタート!

◆エクササイズ1:腹部中央~下腹、足の引き締め

(1) 息を吐きながら、右足を床につかない位置まで下ろして3秒カウント。

(2) 息を吸いながら右足を持ち上げ、吐きながら左足を同様に下ろして3カウント。

 ポイント・・・足を下ろす位置は、「ちょっとキツイな」と感じるあたりで!

 この動きを10回を目安におこないます。

◆エクササイズ2:脇腹~腰、足の引き締め(特に内もも)

(1) 息を吐いて、足を横に開く。

(2) 息を吸って、足をクロスさせる。

 ポイント・・・呼吸に合わせてテンポよくおこなう

 足は交互にクロスさせ、10回を目安におこないます。

◆エクササイズ3:脇腹~腰の引き締め

(1) すねと床が水平になるようにひざを曲げ、息を吐きながら足を右側に倒して3秒カウント。

(2) 息を吸いながらひざを起こし、吐きながら左側に倒して3秒カウント。

 ポイント・・・足は、無理なく倒せる角度まででOK

 この動きも10回を目安におこないましょう。

そして、余裕がある方は、エクササイズ1~3を2、3セットおこなってみてください。

 何かと我慢を強いられることの多い昨今ですが、食欲くらいは自由に解放してあげたい! 美味しく食べて、適度に動いて、食欲の秋を存分に楽しんじゃいましょう。

<文/高木沙織>

【高木沙織】
美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Instagram:@saori_takagi

関連リンク

  • 9/26 15:45
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます