ドライブ中に渋滞にハマった!女性の居心地を悪くする行動9パターン

お盆休みに、気になる女性とのドライブを計画している人もいるでしょう。デートを成功させたいなら、渋滞対策として時間帯やルートを工夫するだけでなく、「渋滞に巻き込まれたときの振る舞い」にも注意すべきかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「ドライブ中に渋滞にハマった!女性の居心地を悪くする行動」をご紹介します。

【1】「チッ…!」と合流してきた車に舌打ちする
「ハンドルを持つと人が変わるってこういうことか…と怖くなった」(20代女性)というように、ほかの車に対して、割り込みするなと言わんばかりの態度を取ると、「実は短気?」などと警戒されそうです。むしろ道を譲って、心の広さを見せつけたいところです。

【2】「こっちのほうが早そうだな」とせわしなく車線を変更する
「大して違わないよ!と心の中で突っ込みながら、車酔いに耐えた」(10代女性)というように、車線変更を繰り返して、助手席の女性に不快な思いをさせてしまうケースです。会話を楽しみながら流れに従って走行したほうが、体感的には早く時間が過ぎるのではないでしょうか。

【3】「着く前から疲れた」「肩凝った」などとしきりに不調を訴える
「『代わろうか?』と提案しても断られるし、面倒くさい男だなと思った」(20代女性)というように、疲労が溜まってきたからといって、愚痴ばかり言うのもまずそうです。相手も運転ができるなら、意地を張らずに交代をお願いしたほうが心証はいいでしょう。

【4】「なんか笑える話して」と無茶ぶりし、退屈を紛らわせようとする
「最終的に『この気まずい空気はお前のせい』みたいになり、釈然としなかった」(20代女性)というように、女性に「盛り上げ役」を押し付けて、反感を買うケースです。むしろ自分が相手を笑わせる役目を負えば、退屈などしている暇はないでしょう。

【5】「フタくらい開けてよ」と飲み物を渡してくれた女性に八つ当たりする
「そんな態度取らなくても…とムッとした」(20代女性)というように、苛立ちの矛先を女性に向けるのは筋違いでしょう。「付き合ったらケンカが絶えないかも」とマイナス評価を下されるおそれもあるので、今後につなげたいならしっかり自制したほうがよさそうです。

【6】「ぜんぜん進まねえなあ」とイライラしながらハンドルを指で叩く
「指をトントンしたり貧乏ゆすりしたり…。見ててイライラした」(10代女性)というように、こちらの些細な仕草が、隣席の女性には不快に映る場合もあります。癖になっているなら、音楽に乗っているフリをしてごまかすといいかもしれません。

【7】「あ?」と話し掛けてきた女性に冷淡なリアクションを返す
「途中からずっと無愛想で、また誘われても断ろうと思った」(20代女性)というように、おしゃべりで楽しませてあげられないのであれば、そのデートには合格点をもらえないかもしれません。「お互いを知るいい機会だ」と考えて、渋滞中の車内こそやりとりを弾ませましょう。

【8】「やっぱやめればよかった」とデート自体を否定するような発言をする
「実は乗り気じゃなかったってこと?と不信感が湧いた」(20代女性)というように、ストレスが頂点に達して心にもないことを口走り、墓穴を掘るケースです。うっかり言ってしまったら、「次は空いてる時期に来よう」などと前向きな発言をかぶせてフォローしましょう。

【9】「ふぅ…」とため息ばかりつき、不機嫌な顔で口を閉ざす
「こっちが気を使っても、相手はほぼ無反応。とにかく疲れた…」(20代女性)というように、渋滞のせいで気力が尽きてしまったのだとしても、終始無言でいるのはさすがにまずいでしょう。目的地は諦めて、サービスエリアなどを楽しんだほうがまだマシかもしれません。

密室の車内では、些細な振る舞いが明暗を分けそうです。渋滞中も心に余裕を持ちましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/26 11:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます