松本人志「笑ってはいけない」3月休止決定 BPO関係なし「今年ねえし」来年は「未定」

拡大画像を見る

 ダウンタウン・松本人志が26日放送のフジテレビ「ワイドナショー」に出演。大みそか恒例の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の特番「絶対に笑ってはいけない」シリーズが15年目の節目に休止となることに関して、今年の3月ごろには休止が決定していたことを明かした。

 8月にBPOが、痛みを笑いの対象とするバラエティーを審議対象とするとし、「笑ってはいけない」への影響が取りざたされたが、松本は「あの段階で俺は、そもそも今年ねえし!って思ってたからね」と語った。

 松本は「あれだけの大型特番ですから、3月、遅くとも4月から始まるんですよ年末に向けて」と説明。「今年の3月あたりでコロナの収束もみえてないし、難しいんじゃないという判断はしてました」と明かした。

 「BPOがあの番組をやめさしたみたいに、若干叩かれてるじゃないですか。だからBPOにやめさせられたと言うていこうかな」と笑わせつつ、「正直なところ、やめといてよかったと思った。今年もやることにしてたら、スタッフはバタバタ」とも語った。

 「我々のケツも何年もかけてサイみたいになってる。コロナだけが理由じゃなくて、僕らの体力的なこともあって、いったんここでっていう話は春にしてたんです」と説明し、来年以降は「今後は未定です」とした。

関連リンク

  • 9/26 10:20
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます